西勇、甲子園初完封!

西勇、甲子園初完封!

■快勝、2位に浮上。西勇が、今季チーム一番乗りとなる完封勝利を挙げた。6勝目。
「使命感がありました。無事に宣言通り、完投できてよかった」
立ち上がりから持ち味全開。多彩な変化球を低めに集めた。許した安打は、4本のみ。
「朝から横浜から移動してきた中継ぎの方や、野手の方が頑張っている姿を見ると、自分がなんとか長いイニングを投げないといけないなと感じました」



「本当にうれしい限りです。バッテリーで勝ち取ったな、と思うゲームでした」
生涯初の「2番」に入った梅野が、8回の4号ソロを含む2安打1打点と躍動した。
「『違和感なく』といえば、そうではないのが正直なところ。目の前に近本がいて、変な感じはしたけど」
矢野監督にとっては、勝負手。梅野は小技もできる器用さを持ち、バットコントロール力も足もある。阪神の捕手が2番で先発するのは、02年6月28日・横浜戦の矢野以来18年ぶり。梅野自身が、「へえ、知らなかった」、と話すほど珍しい起用だった。

推定飛距離140メートル。打球はバックスクリーン左のスタンド中段まで達した。サンズが2試合連続となる超特大の18号ソロで、キング争いを本格化させた。
「いつも心がけているのはセンターに強い打球を打つこと。バックスクリーンには入らなかったけど、すごくいい形だったかな」
貴重な追加点を呼び込んだのは、2点優勢の6回先頭だった。

◆救援陣シャッフル能見が11日、出場選手登録を抹消された。斎藤、望月の両投手も抹消。代わって8月28日にオリックスからトレードで加入した小林と、桑原、浜地の両投手が昇格した。

◆右上肢のコンディション不良で二軍調整を続けてい球児が12日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦(鳴尾浜)で1カ月ぶりに実戦復帰する可能性が出てきた。11日に、平田二軍監督が、「明日(12日)投げる可能性もあるよ」



○<阪神4-0広島>◇11日◇甲子園

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

関連記事