勝つには勝ったけど…

甲子園開幕戦で、初の逆転勝利。たなぼたの1勝。走塁や、守備でミスを連発したが、広島が四球で自滅。救われる格好で、白星が舞い込んだ。金本監督は、けわしい表情のまま、
「これでよく勝てたなと思う」

先発・小野が5回3失点と粘ったが、勝ち星つかず。ストレスがたまる状況で、我慢強く投球。6回から継投に入り、球児、桑原、高橋聡がそれぞれ1回無安打無失点。9回は守護神・ドリスが締めて、広島を振り切った。2番手・球児が今季初勝利。

2点ビハインドの6回、広島のミスに乗じて3得点。逆転に成功した。一死から連続四球で一、二塁。ここで梅野が粘って、フルカウントから四球を選んで満塁。途中から中堅の守備に入っていた俊介の打球を、遊撃手がバウンドを合わせることができずに後逸。2者が生還し、同点に追いついた。

さらに一死一、三塁。代打・隼太が1-1から3球目、外寄りのフォークをフルスイング。ライナー性の打球は、投手を強襲する勝ち越しの内野安打となった。今季4試合目の出場。5打席目の今季初安打で、貴重な勝ち越し点を奪った。お立ち台に呼ばれた隼太は、
「みんなが繋いでくれた打席だったので、絶対に返してやるという強い気持ちで打席に入りました。結果が出てよかったです」
と振り返った。

またしても拙攻、拙守、拙走…ミスのオンパレード。
「よく勝てた」
と、仏頂面の金本監督は試合後、ミス連発のゲーム展開に怒りをにじませた。初回無死一、二塁から、糸井が放った右翼への大飛球で二塁走者・高山がタッチアップできなかった。
「もうそれは言うに値しません」
3回には重盗を試みた二塁走者・西岡が途中でストップし、ついて行った一塁走者・糸井が捕手からの一塁送球で憤死。5回には二死一塁から、ロサリオが放った右中間フェンス直撃の打球で本塁に生還できず、
「剛があそこで止まるなんて予測がつかないし。責められないですね。でも、ロサリオの当たりで糸井は返ってこないと」
「当たり前のことを、当たり前にやる」と、テーマを掲げていた金本監督。勝ったとはいえ、それができなかっただけに怒りは収まらない。

○<阪神4-3広島>◇10日◇甲子園

● <阪神7-9中日>◇8日◇京セラドーム大阪

■ 押し出し、暴投、投内連係…、守乱からの自滅。逆転負けで、今季2度目のカード負け越しを喫した。投手陣全体で7四死球。先発・能見は自身の失策響き、5失点降板。4回1/3、5失点(自責点1)でマウンドを降りた。今季初めての登板で、課題を残す結果となった。また、昨季、抜群の安定感を誇った中継ぎ陣。僅差での登板で、過酷な状況が続いているが、桑原、岩崎、マテオに1つずつ黒星がついている。

序盤から球威抜群で、打者の内角を積極的に突いた。4回までは、1失点。暗転したのは5回だ。一死後、一塁へのゴロでベースカバーに入ったが、転倒し、ロサリオからの送球を捕れずに失策を犯してしまう。ここから連打、四球を与えて降板。2番手石崎も頭部死球で危険球退場など、3四死球でこの回4点を失った。能見は、
「捕らないといけない。試合のなかので、何とか落とさないようにしたんですけど…」
と振り返った。(※能見、抹消/9日公示、DeNAから加入の右腕・尾仲が一軍に昇格する見通し)

だが、意地を見せたのは7回だ。高山、西岡、ロサリオと3本の適時打を集中させて同点に追いつくと、大山が押し出し四球。打者11人の猛攻で一挙5点を奪い、一時勝ち越しに成功した。流れを引き寄せたかに見えたが、続く8回に登板したマテオが誤算だった。

連続四球と、遊撃内野安打で無死満塁。一、二塁間を破られ、2点適時打であっさりと再逆転を許した。さらに2点適時打を浴び、この回4点を失った。


スポンサーリンク
トップへ戻る