近本光司、V打!

┌ \ ☆ A.R.E.GOES ON ☆/ ┐

    タイガース、新時代へ

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━───────┘

近本光司、V打!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<阪神1-0広島>◇9日◇甲子園
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

村上頌樹が緩急自在の熱投

■近本のスーパープレーからはじまった。甲子園100周年イヤーの初得点は、近本光司がたたき出した。5回一死二塁から右翼線にライナーではじき返し、先制の1点を奪った。先発・村上が7回2安打無失点と広島打線を封じ込めた。8回はゲラ、9回は岩崎がリードを守り抜いた。

「本当、久しぶりでね。やっぱり、やっと帰ってきたなあって感じですね」
岡田監督は初回、近本のファインプレーを絶賛。
「近本のプレーは本当に大きかったですよ。前回も、初回に点をとられていたんで」
と、勝利の要因に挙げた。初回、左中間への打球に対し一直線に落下地点へ向かった近本。スライディングキャッチで捕球したが、その際に左膝が外野芝生にめり込み、激しく回転しながら倒れ込んだ。

ボールは離さずアウトとなったが、近本は苦悶の表情を浮かべて起き上がれず。慌てて木浪、ノイジーらが駆け寄ったが、近本は痛みに耐えながら大丈夫のサインを送った。村上もお立ち台で、
「大きかった」
と、評した近本のプレー。また、近本は村上と並んだヒーローインタビューで、いきなり裏話を明かした。
「試合前にロッカーで『そろそろ2人でお立ち台に立とうか』と話していたんで。よかったですね」

村上頌樹、〝不安説〟吹き飛ばす快投で初勝利。実働2年目のジンクス囁かれるも…結果で反論。フォークの制球がよく、2回、5回と得点圏の走者を帰さなかった。昨季MVPに輝いた右腕はリズムよく7回を投げて2、安打無失点と本領を発揮。
「前回、いいピッチングができなかったのでしっかりチームに貢献しようと」
甲子園100周年の開幕戦を白星で飾り、
「いい球場です」
と、はにかんだ。その上で指揮官は、
「6連戦の頭というところで、良いピッチャーと当たるんですけど」
と、7回無失点と好投した村上をたたえた。

※ 佐藤輝が痛恨のけん制死。バットでは好調の気配が漂うだけに、守備と走塁のミスが目立っている。7回、先頭打者として打席に入った佐藤輝は痛烈な右前打で出塁。激走で奪った内野安打と合わせてマルチ安打をマークした。続く坂本は送りバントの構え。だが広島・床田が投じた牽制球に逆をつかれるような形となり、頭から一塁へ戻るもタッチアウトになった。

5回に近本の適時打で先制して以降、なかなか追加点が奪えていなかった中、痛い走塁ミスとなってしまった。7日のヤクルト戦(神宮)では適時失策を犯して、馬場内野守備走塁コーチから苦言を呈されていた。

◆ 自己採点「120点」。俳優の山崎育三郎が試合前の国歌独唱と始球式を務めた。ミュージカルで鍛えた伸びのある歌声を、今季初戦を迎えた聖地に響かせた。一度ベンチに下がると、タテジマユニホーム姿に衣装チェンジ。名前にちなんだ背番号「19」を背負って、ノーバウンドの速球を坂本のミットに投げ込んだ。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<ヤクルト3-1阪神>◇7日◇神宮
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

連勝ストップ、借金生活に転落

■「借金1」。佐藤輝に始まり、佐藤輝に終わったようなヤクルト3連戦だった。2試合連続での決勝本塁打。だが最後は痛い3失点目の適時失策をやらかしてしまった。「決勝点」ではないもののチームにとってイヤな感じのするプレーだったことは否定できない。

初回、先発・才木浩人がオスナに先制2ランを打たれた。この2点が重かった。3番・前川機能せず。初めて先発を外れた森下翔太に代わって3番に入った前川右京が3度、走者を置いた打席で安打を出せなかった。
「何も変わらないです」
指揮官の起用に応えることはできず“初物”の前に沈黙した。
「ちゃんと準備して打てなかったので、次頑張ります」

佐藤輝が痛恨適時失策。致命的なダメ押し点献上。1点ビハインドの8回二死二塁、佐藤輝がホセ・オスナのゴロを後逸し、痛恨の3点目を献上した。試合後、平田勝男ヘッドコーチは、捕ってほしかった? との問いに、
「捕ってほしかったじゃない。やっぱり捕らなアカンんよ」
と、コメントした。また森下翔太のベンチスタートについて、アクシデントを否定し、
「前川とシェルドンもいいんでね、そういうアレはないよ」

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

関連記事