野口、サヨナラ呼んだ!プロ初安打&初打点

┌ \ ☆ A.R.E.GOES ON ☆/ ┐

    タイガース、新時代へ

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━───────┘

野口、サヨナラ呼んだ!プロ初安打&初打点

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<阪神6-5DeNA>◇7日◇甲子園
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

原口、9回二死満塁でサヨナラ打。七夕の夜に甲子園、お祭り騒ぎ。

■劇的逆転サヨナラ勝ち。代打・原口がV打。5、6、8回にも1点ずつ返し、最大4点差から逆転勝ちを収め、チームは3位に浮上した。2連勝で、貯金2。岡田監督、反発力があった?
「いや、1試合だけやんか、そんなもん(笑)。(3点差以上の逆転勝ちが)今年初めてで、何試合してんのそんなもん」

1点を追う9回はDeNA・守護神の森原の制球が定まらず。一死一塁から前川が右前打でつなぎ、好機が拡大した。さらに梅野は死球で1死満塁となった。小幡は投ゴロで二死となったが、原口が試合を決める一打を放った。
「この場面をイメージして準備していた。打った瞬間、必死のパッチで走りました」
右前打をさばいた右翼手・度会がライトゴロを狙って一塁へ送球。だが、大きくそれる悪送球となる間に、2者が生還した。
「見えていました。抜けた瞬間から(度会の)チャージがこっち(ライン寄り)に向かっていたので、本当に一生懸命、走りました」

打線組み替え 豊田をプロ初の3番に抜てき。2カード連続勝ち越しへ、テコ入れ。打線は、4点を追いかける5回から反撃開始。無死一塁から代打・野口恭佑がケイの外角の直球を捉えプロ初安打。初めてのお立ち台で、喜びの声を上げた。
「本当に1打席魂込めて、集中していたので打ててよかった。歓声がすごかった。お母さんやったよー!」
また、6回一死満塁では中犠飛を放ってプロ初打点を記録する活躍を見せた。8回に二ゴロを放ち、一塁走者として残ったところで、代走・植田を送られ交代。岡田監督は笑いながら振り返った。
「最後お前、残そうと思ったら、足がつってます言いやがって(笑い)。帰ってこられへんやん、お前。一塁コーチャーがなあ、足つってます言うて、情けない(笑い)。初めてやもんなあ、守ってやらせて」

中野、美技&猛打賞。本塁に背向け好捕。12試合連続安打、8回二死満塁で1点差迫る適時打。
「こういう試合を久しぶりにやって、つなぐ意識も強くなってきていると思う」
打線が昨季のようなつながりを見せた快勝に、手応えを口にした。

西勇輝投手が今季最短となる3回3失点で降板。西純 富田 漆原 石井 ○桐敷(3勝0敗)。もし延長戦に入っていても、岩崎とゲラを登板させる予定はなかった。
「いや、もう使わん予定やった、今日は、おーん。最後(9回)もあれや、2点差やったら富田でいく予定やった。桐敷も使わんとこうかなと思ってたけど。1点になったらな、使わんとしょうがない、やっぱり。お客さんもみんなおるわけやからな。1点だと分からんていう展開になるからな」

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

-->