ロサリオ、激走で逆転!

逆転勝ちで、2連勝。ロサリオが、来日初の猛打賞を記録。激走あり、守備でもハッスル。金本監督は、
「ポイント、ポイントでね(いい働きをした)。センターオーバーの二塁打も、ロサリオらしい当たりだった」
と、まずはひと安心といったところ。

「今回は、前の試合より比べてよかった。前の試合は…、スミマセン」
と、メッセンジャーが日本語で謝罪した。初回に先制点を失いながらも、6回4安打2失点(自責1)と粘投。リーグトップ・タイの3勝目を手にした。前回登板12日の広島戦では2回途中3失点、球審への暴言で自身初の退場処分を受けた。「サンケイ・スポーツ」によると、
「初回と、6回以外は、自分のリズムで投げることができました。ビハインドの状況から我慢強くプレーして、逆転してくれたチームメートたちに感謝します」

7回以降は岩崎、桑原とつなぎ、9回は守護神・ドリスが登板。きっちりと締めて、6セーブ目となった。

ハイライトは、1点ビハインドで迎えた6回。ここまで散発3安打に抑えられていたが、先頭・糸井が右前打でチャンスメークした。続くロサリオはカウント0-2と追い込まれたが、迷わず振り切った。高めに浮いた直球を狙い打ち、センターオーバーの二塁打だ。
「自分のタイミングでしっかりと打つことができたよ」
無死二、三塁とした。ここで5番・福留。1-1から3球目だった。ボテボテの一ゴロに倒れたかに思われたが、これを一塁手が本塁へ悪送球。野選に、失策が重なり、糸井、ロサリオの2人が生還。一気に逆転。

さらに糸原が中前打でつなぎ、大山の捕邪飛をはさんで一死一、三塁。梅野が一塁側に絶妙なセーフティバントを決めた。
「完ペキでした。みえみえのところでも、やり返したいというのがありました。あの1点を、何とかとりたい気持ちでした」
と、貴重な3点目をもぎとった。なお二死二塁の好機。メッセンジャーは配球を読んだ。追い込まれたが、外角スライダーに食らいつき、技ありの右前適時打を放った。
「気持ち良かったです。チームに貢献できてよかった」
この回、一挙4得点。試合を引っ繰り返した。

○<中日3-4阪神>◇18日◇ナゴヤドーム

━━━━━━━━
■ <中日-阪神=降雨のため中止>◆17日◆豊橋
– – – – – – – – – – – – –
「一番は救援陣。救援陣が1年間、いい状態でというのを今は一番気にしているから」
と、金本監督。リリーフ投手たちが登板間隔を空けて、休息できる。

━━━━━━━━
■ メッセ、残留宣言。
– – – – – – – – – – – – –
メッセンジャーが16日、国内フリーエージェント(FA)権の取得条件を満たした。出場選手登録の日数が8年に達した。以前から虎ひと筋を公言してきたが、この日は移籍の可能性を問われると、
「NO!」
と、あらためて否定。
「今まで言ってきた通り、キャリアをここで終えたい。よそに行くつもりはサラサラない」
と、笑顔で誓った。来季も日本球界でプレーすれば、外国人選手の枠を外れる。


スポンサーリンク
トップへ戻る