┌────────────
├ 矢野監督、3年目へ!
└────────────

大山、新主将!

■「チームの勝敗の全責任を背負う」
と、熱い決意表明だ。29日、甲子園球場での秋季練習を打ち上げ、来季のチームキャプテンに大山が就任すると発表した。
「キャプテンという役割関係なしにチームを引っ張っていかなくてはいけないと思っていました。そういう立場、年齢にもなってきている。ずっとそういう気持ちは持っていました」
来季で5年目となる大山は、堂々と引き受けた。大山と同じ94年度生まれには近本、木浪、藤浪らがおり、現時点で来季はチーム最多の10人となる。球児や能見、福留らベテラン勢がチームを去っただけに、なおさらリーダーとしての自覚は高まる。

来季5シーズンぶりに設けられる投手キャプテンには岩貞が就任。
「気が引き締まる。それでも変えずに今まで自分がやってきたこととプラスで、周りをしっかり見ながらやっていければと思います」
と、力強く意欲を語った。



▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

コロナ禍と、V逸で厳冬更改。

■桑原、約47%ダウンの年俸2400万円。俊介、50%ダウンの年俸1600万円。ともに減額制限の25%を大幅に超えるダウン幅でサインした。

伊藤和、プロ初勝利など自己最多15試合登板。50万円増の年俸800万円でサイン。谷川、自己最多14試合登板も防御率5・02。50万円増の950万円でサイン。浜地、1試合登板に終わり、150万円減の700万円でサイン。

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲



契約更改交渉はじまる。

●井上は、現状維持の720万円で更改。来季は、まず「開幕一軍」。ウエスタン・リーグでは本塁打部門や打点部門でリーグ2冠を争い、一軍も経験。ヤクルト戦では、初安打&初打点をマークする活躍を見せた。

西純が宮崎県のチーム宿舎で契約更改交渉に臨み、現状維持の1200万円でサインした。ウエスタン・リーグでは11試合に登板し、チームトップタイの4勝を挙げるなど、経験を踏んできた。
「1年間、ある程度投げられたんで。来年どれだけ飛躍していくか楽しみ。呼んでも支障がないかなと思っている。一軍を見て、成長のスピードも加速する可能性があると思うので。見てみたいと思っている」
2年目左腕・川原とともに宜野座組への抜てきを示唆した。その川原は、20万円減の年俸460万円でサイン。

及川が、現状維持の年俸600万円でサインした。今季は腰痛で登板を回避する時期もあり、ウエスタン・リーグで9試合を投げて2勝4敗。

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲