┌ \ ☆ A.R.E.GOES ON ☆/ ┐

    タイガース、新時代へ

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━───────┘

大山、連夜の先制打!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<広島1-2阪神>◇23日◇マツダスタジアム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

節目飾った1点差の妙

■1点差の薄氷勝利。二夜連続1点差逃げ切りで、2連勝。好守連発で、再三のピンチしのぐ。セ・リーグ通算1万試合目を一番乗りで到達、白星で飾った。

初回に先制に成功。二死二塁で4番・大山悠輔が広島ハッチのツーシームをとらえ、右翼へ先制適時打を放った。7回、岡田監督は先発・西勇輝に代わり代打・前川右京を送ったが、広島は左腕の塹江を投入。ここで、岡田監督は「代打の代打」ヨハン・ミエセスを送った。
「先頭のミエセスがフォアボール選んだから大きかった。1点でも取りにいかんと。1-0で逃げ切りなんて無理よ」と、岡田監督は、勝負の采配を振り返った。

ミエセスが四球で出塁すると、代走に植田。続く近本は三ゴロ併殺崩れとなったが、一死一塁から中野が一塁前方へ内野安打を放った。すると、幸運な珍プレーが起きた。捕球した一塁手の坂倉が、誰もカバーに入っていない一塁へ悪送球。敵失で好機が一死二、三塁と広がり、森下の中犠飛で大きな1点を追加した。

力投する西勇輝を、バックが支えた。好守連発で失点を防いだ。1-0の4回二死一、二塁では右翼への大飛球に森下翔太が全力で背走し、最後はジャンプしてつかんだ。フェンスぎりぎりでの好捕だった。5回二死一、二塁では二塁の中野拓夢が一、二塁間への打球に追いつき、回転しながら一塁に転送した。最終バウンドが不規則にはねたが、冷静にしっかりグラブに収めた。3回には、近本光司のスライディングキャッチもあった。

反面、2回以降は拙攻を繰り返した。3回は無死満塁の好機を迎えたが、大山が一飛。ノイジーが三ゴロ併殺で無得点となった。さらに5回も無死一、二塁を生かせず。6回は一死一塁、カウント1-1、梅野の打席で渡辺諒が二盗を試みたが、楽々とタッチアウトとなった。梅野はストライクを見送った。試合後、岡田監督は、
「やられるパターンやけどな。あれだけチャンスつぶしたら」
と、11残塁の拙攻にため息。

先発の西勇輝は3回まで無安打に抑える好投で、6回3安打無失点で今季2勝目となった。
「先頭バッターの初球を意識しました。ヒットを打たれてからは投げ急がないように意識して。いつもより間を長くしました」
これで5試合連続クオリティースタート(先発で6回以上、自責3以内)達成。規定投球回には4回⅔が足りないが、防御率は〝セ・リーグ隠れ2位〟の1.34と安定感は証明済みだ。

中継ぎ陣は、7回に登板した石井が8回先頭の二俣までを抑え、秋山を迎える場面で左腕桐敷にスイッチ。二死一塁からノイジーの失策もからんで1点差に迫られるも、なんとか踏ん張った。9回はゲラが一死一、三塁の大ピンチを招いたが、代打・松山が二ゴロ併殺打。ワンプレーで決着。岡田監督は、
「ゲッツー態勢でもう、外野フライで同点はしゃーない。同点まではOKと思ってた」

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖