痛快! 天敵・菅野から4発10点。

乱打戦を制した。先発野手全員の5本塁打13得点の猛攻で、巨人に2連勝。好リリーフを見せた守屋が、プロ5年目で初勝利。2位タイに浮上。首位・巨人に1ゲーム差に迫った。菅野から4発、10得点で完全攻略。矢野監督は、「サンケイスポーツ」によると、
「こういう攻撃ができたのは、自信になる。(ただ)疲れました」
と、うれしい悲鳴。

役者がそろった。
「行ってくれと思った。しっかりいいスイングができて先制できたのはよかった」
1回に糸井が先制の2号2ランで口火を切り、クリーンアップ3人がアーチ競演。5回には、福留が4号ソロで、流れを断ち切った。
「相手に行きかけていた流れを取り戻すためにも、1本打つことができて良かった。後手後手にまわってしまうといけないので」
6回二死一塁、狙っていこう。大山は、覚悟を決めた。その初球だった。低めのツーシームに反応。はじき返した打球の行方を見上げた。

高々と舞い上がった白球の勢いは、最後まで衰えず。大歓声に吸い込まれるように、左翼席上段の看板を直撃した。特大の7号だ。
「1点でも多く取ることが大事だった。そのなかで打てたのはよかったです」
木浪もまた、菅野からビッグアーチだ。6回の先頭で打席に入り、2球目。浮いたカーブをすくい上げると、美しい放物線を右翼席へと描いた。
「自分だけ打ててなかったので、先頭で何とか塁に出てチャンスをつくりたいと思っていました」
先発・菅野から4本塁打で10得点でKOした。打線の勢いは止まらず、梅野の一発が飛び出し、5発で13得点と空中戦を制した。



守屋が、プロ5年目で初勝利を挙げた。1点差に詰めよられた4回二死一塁から登板すると、4人を完ペキに抑えた。
「いつも通り、0で抑えて帰ろうと思ってマウンド上がりました。(初勝利は)すごいうれしいです」

2回までに5点を奪うも、先発・岩田が粘りきれない嫌な展開。5-2の4回、1点を返され、なお二死三塁。菅野の遊ゴロがリクエストによるリプレー検証の結果、内野安打に覆り4失点目。流れが完全に傾いたところで、矢野監督が守屋の名前をコールした。2番手・守屋が巨人の勢いを止め、プロ初勝利。球児、ジョンソン、能見、ドリスで逃げ切った。

<巨人8-13阪神>◇15日◇東京ドーム