TigersGames一覧

小野、あの松坂に投げ勝った!

1点リードを守り、3連勝。小野が6回2安打1失点と、粘りの投球を見せた。自身開幕2連勝。
「悪いなりに最少失点でなんとか粘れて良かったですが、全体的にボール先行の投球となり、球数が増えてしまったことが反省点です」
レジェンド・松坂との注目の対決で、両者譲らずの攻防を繰り広げた。
「(投げ合いは)意識することなく、相手打線に集中して投げることができました」
序盤は直球主体の投球、後半からは変化球を織り交ぜ中日打線に的を絞らせなかった。金本監督は、
「小野はしっかり投げていた」
と、評価した。

7回以降は岩崎、マテオ、高橋聡、ドリスと小刻みの継投。盤石のリリーフ陣を最大限に生かし、もぎ取った白星の価値は大きい。
「スイッチヒッターがおるわ、代打陣がどっちが出てくるかでね。難しかったけど、きょうは香田投手コーチがよく助けてくれました」
と、振り返った金本監督。開幕序盤の週半ばで、救援陣をつぎ込むのは異例だ。

8回、二死二塁のピンチでは、俊介が飛んだ。中堅後方を襲うライナー性の打球を、守備固めで入った俊介が必死の背走。倒れ込みながらダイビングキャッチし、好守でリードを守り抜いた。
「捕れて、よかったです。ここまで勝利に貢献できてなかったので…」
代わったところに打球が飛ぶ、という野球の格言は生きていた。高山に代打・鳥谷を送った関係で、その回から中堅に入っていた。
「守備固めで出るということは、そういう役割なので。守備は絶対(ミスなし)だと思っています」

糸原の犠飛で1点先制。2回無死一塁。フルカウントからの6球目、同期入団の福留が123キロスライダーに反応。打球は右前へ。スタートを切っていた一走・ロサリオは三塁まで進み、糸原の先制犠飛へと結びついた。外角の直球を振り抜くと、飛球は中堅のフェンス手前まで到達。タッチアップで、ロサリオが本塁へ生還した。
「なんとしても先制点が欲しかったので、最低限のバッティングはできた」

4回、先頭・西岡の打球は松坂の前に転がるボテボテのゴロに。これを松坂がファンブルして出塁すると、糸井が四球を選んで一、二塁。ロサリオも右前打でつなぎ、無死満塁。福留の遊ゴロ併殺打で、1点を勝ち越した。

金本監督は、「サンケイスポーツ」によると、
「全然、不満足な勝ちですけど、勝ちは勝ちでしっかりと喜ぼうということなんで、今年は。貧打の試合でしたけどね」
と笑った。

<中日1-2阪神>◇19日◇ナゴヤドーム


スポンサーリンク
トップへ戻る