藤浪、勝てる投手に変わった!

-->

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆┃沖┃縄┃・┃宜┃野┃座┃通┃信┃☆┃ 
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

    ~ “対外試合”はじまる! ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

藤浪、勝てる投手に変わった!

■ 原口が、攻守で存在感を示した。6回は代打で、
「甘いボールをしっかり一振りで仕留められた」
と左翼へ本塁打。マスクをかぶっても藤浪、その後は西純、石井大と若手2人をリード。9回は二盗を阻止するなど終盤4イニングを無失点に導き、
「いい結果が出るようにサポートするのが捕手だと思う。そういった部分ではよかった」
と、安堵(あんど)した。近本が、実戦8試合目で初安打が生まれた。「1番・中堅」で先発し、初回に大野雄から右翼へ二塁打を放って先制の足がかりをつくった。

高山、6度目マルチ安打。食らいつく高山、3試合連続マルチ安打にも、
「去年もこの時期までは良かった。今のままじゃダメ」
と、ここからが本当の勝負だと気を引き締める。佐藤輝や新助っ人・ロハスの加入で、今季はより苦しい立場。実際、糸井が実戦に出始めたことで、この日は守備に就かず、指名打者でのスタメンだった。

■ 青柳は、中日戦で3回2安打無失点と安定させた。テンポのいいマウンドさばきを披露。直球を1球だけにとどめ、カーブも試投。相性の良くない左打者から外角スライダー、シンカーで空振りを奪った。

藤浪が、青柳の後を受けて4点リードの4回から登板。毎回走者を許しながらも粘りを見せ、
「慌てず、落ち着いていくことが大事。できて良かった」
と、シーズンに向けての手応えを口にした。今季最速158キロを計測するなど3回3安打1失点と好投。練習で一日に複数回、ブルペンに入ることは珍しくない。この日も、
「気に入らないことがあった」と、降板後にブルペンに直行し、修正。豊富な投げ込みで完全復活への基礎を築き「ある程度、やりたいことはできた」
と、充実のキャンプを送る。



◆ 3番・三塁で出場した佐藤輝は、この日は守備で魅せた。4回無死二塁。どん詰まりのゴロに前進ダッシュ。大声で藤浪を制し、素手でキャッチすると勢いのまま横手からランニングスローで間一髪アウトにした。外野なら左翼、内野なら三塁に方針が決まった。

<練習試合:中日1-8阪神>◇27日◇北谷

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

井上、大事に至らず!

■左膝打撲。25日、練習中に負傷した井上が、左膝の打撲と診断されたと発表した。この日はホテルで治療し、今後は様子を見て対応していく。練習休日だった24日に沖縄県内の病院を受診。左ひざの打撲と診断され、幸いにも大事には至らなかった模様だ。

実戦復帰。「4番に内野安打なんかいらへんよ。4番は二塁打かホームランよ」
デイリースポーツ評論家・岡田彰布氏が、大山と対談した。大山が27日の中日戦(北谷)または28日のヤクルト戦(浦添)で実戦復帰する可能性が高いことがわかった。12日の紅白戦で途中交代。翌13日から腰背部の張りのため、別メニューでの調整となっていたが、16日から屋外での守備練習を再開し、18日には屋外でのフリー打撃やシートノックにも参加。練習の強度を上げ、順調な回復ぶりをアピールしており、復帰のめどが立った。

糸井が今キャンプ初めて全体練習後の特打にのぞみ、115スイングで12本の柵越えを放った。母校・近大の後輩、佐藤輝と打撃ケージへ。黄金新人が107スイングで6本の柵越えだったのに対し、先輩の貫禄を示した。若手に混じって外野の守備練習に取り組むなど、最終クール初日も精力的に汗を流した背番号「7」。
「もう調整とか言ってられない立場なんで。自分に勝ちたいです」
と話した。

高橋遥、「自分に腹が立つ」
右脇腹筋挫傷で無念の帰阪。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

西勇、離脱。

■西勇、キャンプ離脱。ぜんそく症状治まらず、帰阪。
「こっちの理想としては3月に入って、またね。普通にいければいいけど」
と、矢野監督。右脇腹の筋挫傷で開幕絶望的となった高橋に続く“離脱”。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

井上、離脱。

■ 井上、デスノック途中離脱。左膝痛める。この日のDeNAとの練習試合(宜野座)に途中出場し、2打数無安打だった。内野付近で栄枝、北條とともに井上ヘッドコーチのノックを受けていたが、ボールに飛び込んだ際に左膝を強打し、約15分を終えたところでストップ。トレーナーに付き添われながら、左足を気にするそぶりを見せ、三塁ベンチへと引き上げた。井上ヘッドコーチも、
「最後まで(キャンプ)完走するという意味合いでは次のクールちょっと心配」
と、表情を曇らせた。佐藤輝も、「3番・左翼」でスタメン出場。実戦8試合連続安打に挑んだが、2打数無安打で途中交代となった。

「今しか出るチャンスもない」。高山が3年ぶりの開幕スタメンに大前進だ。6番・右翼で出場。2戦連続マルチ安打を決め、4割4分4厘に上げたキャンプ実戦打率は堂々の“チーム首位打者”だ。矢野監督からは第4クールの「かっこいい大賞」にも選出された。低迷が続いていた16年の新人王が、外野の一角奪取へ必死のアピールを続ける。

先発再挑戦中の馬場が開幕ローテ争いで生き残った。3番手で登板し、3イニングを2安打無失点。
「攻めた投げ方ができて良かった」
と、納得顔だ。

 <練習試合:阪神1-4DeNA>◇23日◇かりゆしホテルズボールパーク宜野座

SNSでもご購読できます。

-->