近本、お目覚め打!

┌ \ ☆ A.R.E.GOES ON ☆/ ┐

    タイガース、新時代へ

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━───────┘

近本、お目覚め打!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<広島0-3阪神>◇2日◇マツダスタジアム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

島田、好守に巧打

■接戦制し、再び貯金生活。3位浮上。延長10回に、18打席ぶり安打となる近本の適時二塁打などで3得点。先発・才木浩人は7回1安打無失点の好投。5回まで無安打に封じるピッチングだった。雨あがりで湿度が高い中、大汗をかいて113球を投げきった。岡田監督は、
「まあなあ、それまで1点でも取ったらよかったけど、火曜日なんかこういう展開なるよ。しゃあないけどな、勝ちつかなかったのは。球数多かったからな」

10回一死一塁、9番・島田が右前打を放った。スタートを切っていた一走・小幡が迷わず三塁へ。右翼・野間の送球が高くそれ、カバーに入っていた投手・島内も捕球できずにボールがカメラマン席へ飛び込んだことで、テイクワンベースが与えられた。

なおも一死二塁から近本が外角直球を左越えの適時二塁打。不振にあえいでいた男が18打席ぶりの安打で追加点を奪うと、
「ヒットになって良かったです。打てたんで良かったです」
中野も右前適時打で続いた。もう大丈夫だ。近本は本来の打撃に戻ったと言っていい。ゲラは一死満塁のピンチを招いたものの、最後は二ゴロ併殺に仕留めた。

「なあ。島田がうまいことなあ。残しといてよかったよなあ」
決勝点を導いた島田海吏について問われると、
「そりゃお前こんな仕事しとったら先発で使うよ」
と、岡田監督。島田海吏が好守でサヨナラ機を救った。0-0の9回一死一塁。6番・菊池の打球は右翼前に上がった。落ちればピンチ拡大、抜ければサヨナラも考えられる打球。チャージをかけ、最後は飛び込みながらつかみ取った。代打から途中出場した島田だったが、ここぞのプレーでピンチを救った。

※オールスター 阪神からファン投票で3人が選出。才木は初の球宴に、
「真っすぐ勝負できたら」 
岩崎は4年連続、近本は5度目。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<ヤクルト6-5阪神>◇30日◇神宮
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■イヤーな負けである。岡田監督、大噴火。最大4点差のリードを守れず、悪夢の大逆転負け。貯金はなくなり、4位に転落。自慢のブルペン陣がそろって崩れた。9回の攻撃は先頭・森下が左安打も、大山が遊ゴロ併殺打。前川が四球で代走・植田、佐藤輝が左中間フェンス直撃のヒットを放つも本塁で植田が憤死、試合終了。怒り収まらない岡田監督、
「信じられん。大変な負けやで」
怒りの矛先は、本塁へのGOサインを出した三塁コーチャーの藤本敦士コーチに向いた。
「負けてんねんやで、1点負けてんねんやで。信じられんわ、おまえ。なんでも行けじゃないやろ、状況判断やんか、それは。当たり前やろ、こんな狭い球場で。びっくりしたわ、オレも最後。ええ? って思ったわ。先攻で1点負けててなあ。(走者)二塁、三塁でええんちゃうの? (投手が)左で、次が今日2本、タイムリー打ってるバッター(梅野)で」

「信じられへんわ。ゲラ行くぞ―いうたら、漆原しか投げてません―やて。なんで準備させてへんの。ほんま、信じられへん」
試合後、岡田監督は8回に窮地に陥った展開でのブルペン陣の準備不足を指摘。
「漆原なんか投げさすつもりなかったよ。ゲラと岩崎が(ブルペンで準備を)やってないんやから。投げさせられへんやんか。なんで、準備せえへんのやろうなぁ」
岡田監督は、打たれた3投手を責めることはしなかった。ベンチに入っている安藤優也投手コーチと、ブルペン担当の久保田智之投手コーチに対して
「教育やなあ、しかし。そこまで全部やらなあかんねんな。しかし」
と、嘆き節が止まらなかった。西勇は6回を95球、3安打3四球2奪三振の1失点。要所締め粘投も、4勝目ならず。

※「このままではチームが空中分解してしまう恐れがある。首脳陣間でコミュニケーションはしっかり取れているのか? 平田ヘッドとかがうまいこと間に入ってくれていればいいんだけど」
プロとしてコーチ陣だけでなく、裏方にも厳しい要求を辞さない岡田監督は、
「俺は、コーチには厳しいよ」
と、周囲に公言してはばからない。ここしばらく岡田監督の「怒り」は、いつもコーチ陣に向けられていた。今季の打撃不振を打開できない打撃コーチ。本塁突入を躊躇する三塁ベースコーチ。そしてこの日、ついに投手コーチまでやり玉にあがった。岡田監督と、コーチ陣の“信頼関係”は大丈夫なのだろうか…。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<ヤクルト6-1阪神>◇29日◇神宮
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2カ月連続の月間負け越し。3位転落。先発の伊藤将司が3回途中5安打5失点でKOとなった。野口恭佑、デビュー。5回に代打で登場。死球で、出塁いきなりホームを踏んだ、
「初得点ですもんね」
5回の守備、野口は右翼へと走った。

9回先頭での第3打席には初球直球をとらえて、痛烈なライナーが一直線で三塁方向へ。三塁手のグラブに収まり、プロ初安打とはならなかったが、球場の左半分を埋め尽くした虎党も大歓声だ。
「惜しかったんですけど、次につながると思うので、また切り替えてやっていけたら」
これには、岡田監督も、
「そら誰が見てもええやんか。打球を見ても。ストライクをあないして打てばええだけの話やから」
一方で、3打数ノーヒットで途中交代になった森下翔太について、
「悪いどころちゃうよ、一緒や、ナンボ言うてもアカンわ」
と、厳しい言葉を並べた。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☂<ヤクルト-阪神>◇28日◇神宮
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■悪天候のため、午後4時25分にヤクルト-阪神10回戦の中止が発表された。23日DeNA戦に続き、今季5度目の雨天中止となった。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

-->