新「勝利の方程式」、ガッチリ!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

   矢野監督、途中休養日はいつ?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

勝利の方程式がガッチリ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<阪神3-2中日>◇28日◇甲子園
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

わずか9球の逆転劇

■ 逆転勝ちで、今季初の3連勝を飾った。難敵中日・大野を攻略し、逆転勝ちした。2点を追う4回、6人合わせて、わずか9球で3点を奪い逆転した。

反撃開始だ。2点を追う4回。中野と佐藤輝の連打で無死一、三塁と好機が広がり、絶好調の糸井も続いた。大野の初球を右前適時打。これで、前日の試合から5打席連続安打となった。

さらに、山本のセーフティースクイズで同点。オールセーフで甲子園のボルテージは最高潮に達した。その後、坂本の遊ゴロが野選となり勝ち越しに成功。三走・糸井が激走し(前夜三重殺のみそぎ?)、間一髪で生還した。際どいタイミングに中日・立浪監督がリクエストしたが、判定は変わらず。
「前に転がったら絶対にホームにかえってくると思って準備していたので、勝ち越しができてよかったです」

お立ち台に上がった先発・秋山と、守護神・岩崎の“同い年コンビ”の掛け合いに球場が沸いた。
「5回で降りてしまったけど、6回から中継ぎの方に抑えてもらった」
とし、
「優の“いつもの台詞”を聞くだけだと思っていた。このあといってくれると思うので、楽しみにしてます!」
と、岩崎に無茶ぶり。
「どうですか」
と、振られた左腕は、
「勝つことができて良かったです!」
と、“お決まり”のワードで返した。逆に、岩崎は「秋山投手へ」と問われると、
「もうちょっと長いイニングを投げてください。これからも宜しく御願いします」
と、ペコリ。秋山も、
「今年はしっかりイニング消化したいですね!」
今年、31歳を迎える2人の“フリートーク”で、3連勝を見届けたファンを笑顔にした。先発・秋山は2回に先制2ランを許すが、5回2失点でまとめ今季初勝利。先発は10日に再調整を余儀なくされ、約2週間ぶりのマウンドとなった。6回からは小刻みな継投策で、1点差を逃げ切った。 

6回以降は浜地、アルカンタラ、湯浅とつなぎ、クローザーの岩崎は9回に一死三塁のピンチを招いたが連続で見逃し三振に抑えてリードを守った。継投策がはまった。9回は大ピンチだったが、岩崎が踏ん張った。矢野監督は、
「いやあ、しびれたね」
と、安どし、勝ちパターンも固まりつつある。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->