ロハス、チャンスをものにした!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

   矢野監督、途中休養日はいつ?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

ロハス、チャンスをものにした!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<広島2-3阪神>◇5日◇マツダスタジアム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中継ぎ陣、リードを守り切った

■ 逃げ切り勝ち。貯金3とした。西勇輝が粘投8勝目。初回に佐藤輝の左犠飛で先制すると、4回には「7番・左翼」でスタメン出場したロハスが左翼席へ5号2ランを放ちリードを広げた。

「とにかく、ここにいられないチームメートの穴を埋めたいと必死だった」
執念と仲間への思いを込めたスイングで、白球を右中間へ打ち上げた瞬間、確信歩きで放物線を見送った。抹消から〝中0日〟で一軍昇格となった、ロハスの中押し2ラン。アクシデントに見舞われた虎を救う、まさに助っ人の働きだった。
「大瀬良選手はミスをしない、すごくいい投手。しっかりと失投だけを待って、その失投をしっかりと仕留めることができてよかった」

1点リードの4回2二死一塁で左打席に立つと、相手エースが武器とする内角へのカットボールを一閃した。1点差ゲームにおいて効果抜群の一発となり、
「(一走の)ロドリゲス選手の足が遅いので、ホームランになってよかった」
と、トークも〝舌好調〟だった。

主砲・大山が不在の今、自分がチームを支えなければならない。だからこそ、佐藤輝は4番としての重責を果たしたかった。目の前にあるチャンスを絶対にモノにする。懸命にボールに食らいつき、大きな1点を奪った。
「追い込まれていたので、なんとか食らいついて外野まで運びたいという気持ちでした。そこまで飛距離が出た打球ではなかったですが、島田さんがよく走ってくれたと思います。ありがとうなぎ」
自身が打点を挙げた試合は、7連勝と“不敗神話”継続だ。

先発・西勇は5回⅓を2失点で試合をつくり、今季8勝目を手にした。ただ、わずか69球で降板となった。
「ランナーを残してマウンドを降りる形になってしまったので、踏ん張ってくれたサダに感謝です」
内外に変化球を散らし、テンポ良くアウトを重ねた。今季マツダ初星を飾り、7月6日・広島戦からの連勝を「4」に伸ばした。後を受けた中継ぎ陣も奮起。7回からは、浜地ー湯浅ー岩崎の勝利の方程式がしっかり抑え、1点差を守り切った。

★激震。チームはこの日大山、北條が新型コロナウイルス陽性判定を受けたと発表。2人とも特例2022で出場選手登録を抹消され、前日4日に二軍落ちしていたロハスは代替選手として、坂本とともに出場選手登録されていた。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<巨人7-0阪神>◇4日◇東京ドーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ウィルカーソンが、2回途中5失点で試合をブチ壊し。矢野監督は、
「キレもコントロールも、変化球の精度もよくない。抹消するよ。今の状態じゃちょっとしんどいな」
と、二軍降格を明言した。クリーンアップ今季初の沈黙10の0。島本、復活。1039日ぶり一軍登板。魂の14球3人斬り。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->