いよいよ球春到来だ! 

☆━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳
┃タ┃イ┃ガ┃ー┃ス┃短┃信┃
┣━┻━┻━┻━┻━┻━┻━☆

┃ 球春到来!

┃    ★スポーツ紙、斜め読み★
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

★☆ コニー・マック、MLB・監督(コラム)にアップしました ☆★

いよいよ球春到来だ! 

岡田彰布氏が、春季キャンプを前に、大山、佐藤輝を真の大黒柱へ成長させる重要性を説いた。

レギュラーは近本だけで、ほかは競争と、矢野監督は言うとる。阪神にも大黒柱になる素質がある選手はおるんよ。大山や、佐藤輝よ。2人はシーズンを通して絶対に使わないとあかん選手やし、勝ち負けを背負う自覚をしっかりと持たせる意味でも、早い段階で首脳陣がポジションを決めてやらんとあかんと思うよ。

どこを守るか分からへんというような状況が続くと、選手は調整が難しい。逆に決まることで、じっくりと腰を据えて取り組める。絶対的なレギュラーが決まれば、逃した選手は必死に割り込もうとするし、それが高いレベルの競争へと発展する。「誰が試合に出ても同じ」ではなく、「今年はこのメンバーを中心に戦う」という明確な形が見えれば、より安定した戦いができるチームになっていくと思うよ。(デイリースポーツ評論家・岡田彰布氏)

   ◆◇◆◇◆◇◆◇◆

21日、春季キャンプメンバーの発表があった。2月に沖縄・宜野座でおこなわれる一軍の春季キャンプメンバーを発表した。昨季一軍で3試合にリリーフ登板した4年目右腕・湯浅や、一軍出場なしの3年目の遠藤、2年目の高寺が抜擢された。中継ぎで昨季39試合に登板した及川と、2年目の村上も一軍キャンプ初参加となる。

また、昨年11月の秋季練習中に下肢のコンディション不良を抱えていた中野は、二軍スタートとなった。

メンバーは以下の通り。

◆投手
岩崎、西勇輝、岩貞、馬場、藤浪、秋山、伊藤将、鈴木、浜地、及川、村上、桐敷、齋藤、ガンケル、青柳、湯浅、小川、石井、小野、渡邉

◆捕手
梅野、坂本、長坂

◆内野手
木浪、大山、熊谷、佐藤輝、糸原、小幡、遠藤、高寺

◆外野手
近本、糸井、江越、島田、小野寺

沖縄・宜野座キャンプは36人(隔離後合流の外国人選手を除く)。一方、高知・安芸の二軍キャンプには高山、陽川、原口、山本ら中堅組が目立つ33人だ。明暗分かれる振り分け。

SNSでもご購読できます。

-->