「スーパーカートリオ」好連係!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

   矢野監督、途中休養日はいつ?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

「スーパーカートリオ」好連係

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<日本生命セ・パ交流戦:阪神-西武>◇1日◇甲子園
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

佐藤輝、御礼タイムリー。球宴ファン投票中間発表でセ最多得票。

■1点差を守り切り、一夜で自力Vの可能性復活。打線が奮起。序盤から幸先よく主導権を握った。1回に連打から近本の遊ゴロの間に先制点を挙げた。3回は佐藤輝が左前適時打を放ち、大山悠輔が左翼に9号3ランをかけて、一挙4点を追加。甲子園では今季最多の5点を挙げ、優位に試合を進めた。水曜のこの日は1番に島田を起用する新打線が機能。序盤から効果的に得点を重ね、西武の反撃も何とかしのぎ、水曜を3勝7敗とした。 

足攻「スーパーカートリオ」好連係で先手、今季2度目の1番に座った島田が右前打。2番・中野がヒットエンドランのサインから右前打を放ち、無死一、三塁。中野は続く近本の初球に二盗を決めた。近本は確実に遊ゴロを打って、三塁走者の島田を迎え入れた。俊足トリオは3回にもかきまわした。先頭の島田が右前打。中野はバント失敗で一塁に残ったが、近本が中前打を放つと、好判断で一気に三塁に進んだ。続く4番・佐藤輝の初球に近本が二盗を決めて一死二、三塁。佐藤輝はしぶとく左前に落として、2点目を奪った。
「とらえた当たりではなかったですが、いいところに落ちてくれました」
内角高め128キロを強振した。打球はふらふら上がり左翼前へぽとり。

目が覚めるような完璧な一撃。甲子園に響き渡った打球音とともに、白球は左翼席に突き刺さった。
「打った瞬間入ると思いましたし、感触も完璧でした。先発した純矢のためにも、チームのためにも、1点でも多くというところで、思い切っていきました」
と、大山。1-0の3回だ。4番・佐藤輝の左前へのポテンヒットで1点を加えて、なお一死一、三塁。カウント1-1から、129キロの直球を振り抜くと、打球は左翼席に吸い込まれた。リードを5-0と大きく広げる9号3ラン。これで西純の先発試合では4戦連発。本塁打直後のベンチで右腕から、
「4試合連続ですね」
と、感謝されると、
「毎日投げてくれ」
と、冗談で包み込んだ。

先発・西純を、打線が大量援護。3勝目。6回は西武に突き上げられた。先発の西純は球が浮きはじめ、右前適時打を浴びて降板。渡辺、加治屋が止めきれず、1点差まで詰め寄られた。立ち上がりから不安定で、最後まで立ち直ることができなかった。
交流戦は昨季から三度目の正直で初勝利をつかみ、
「ちょっと意識してしまっていた。今日は勝たせてもらったと思います」
ストライクが自由に取れない。ボールを低めに集めることができず、ずっと上ずったままだった。決め球で打ち取ることも、空振りを奪うこともできず、球数を重ねてしまう展開になった。だが、終盤は必勝パターンの継投で逃げ切り。7回はアルカンタラが登板し、無難に抑えた。8回は湯浅が登板してつないだ。この日はオールスターのファン投票第1回中間発表で佐藤輝、青柳、湯浅がリーグ1位発進。チーム別最多の3部門でトップ票を集めた「御礼」の一戦になった。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<日本生命セ・パ交流戦:阪神0-2西武>◇31日◇甲子園
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

球団最速の5月で自力V消滅

■毎度おなじみの貧打で凡打を繰り返すだけだった。西武戦(甲子園)で今季13度目の零封負け。首位のヤクルトが勝ったため、今季54試合目で早くも自力優勝が消滅した。過去には130試合制の1987年に42試合(6月4日)、91年に49試合(6月12日)で自力Vが消滅した例はあるが、5月中は1950年の2リーグ制以降で球団最速。西勇輝1発に泣き4敗目 

8回裏終了時、「ピッチャー、藤浪」がコールされると、甲子園に駆けつけた虎党がどっと沸き立った。4月中旬の新型コロナウイルスの感染から復活した阪神藤浪晋太郎投手(28)が、約1カ月半ぶりに1軍戦のマウンドに帰還。敗色ムードに包まれていた場内の空気を、一瞬で変えた。
「投球自体はあまり良くなかったですが、(長坂)拳弥にも助けられながら抑えることができました。次回登板に向けてしっかり準備して、いい投球ができるように頑張ります」
最速158キロの直球を軸に、中継ぎとして与えられた役割を見事に全うした。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<日本生命セ・パ交流戦:ロッテ3-2阪神>◇29日◇ZOZOマリン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■初回無死満塁で、4番の佐藤輝が空振り三振。後続も倒れ無得点に終わった。主砲は、8回に意地の12号2ラン。1点差に詰め寄ったが、低反発打線では3点差を逆転できなかった。伊藤将が、地元千葉でのプロ初登板で6回3失点と粘った。

強烈な破壊音とともに、ライナーでZOZOマリンの右中間スタンド中段へぶち込んだ。0-3の8回一死二塁、佐藤輝は右腕ゲレーロの内角高め156キロを完璧にとらえた。
「すごくいい感触でした。でも前の打席まで悔しい思いをしたので」
1点差に迫る1発の手応え、第1打席で残した後悔がコメントに詰まった。矢野監督は、
「初回がすべて」
と、悔やんだ。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->