春季キャンプ、スタート!

-->

■■[MLB・捕手] お題は、捕手3題(その3)
ヨギ・ベラ(Yogi Berra)をアップしました。■■■

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

矢┃野┃監┃督┃3┃年┃目┃へ┃☆┃ 
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

    ~ “厳戒キャンプ”! ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

ワンデー・キャプテン制、今年も継続。

■春季キャンプ(1日、沖縄・宜野座)、一軍キャンプがスタート。矢野監督が、宜野座の當眞淳村長らが出席した練習前の歓迎セレモニーで花束や目録などを贈呈された。二軍も、高知・安芸でキャンプイン。
「日本中に笑顔が増えるように、しっかりチームとして日本一を勝ち取っていきます」
と、矢野監督は力強く語った。今季から主将を務める大山と岩貞が、ピンクのユニホームで登場。グラウンドの中で一層、デザインが映えていた。昨年から「1日キャプテン」のシステムをはじめ、この日は野手主将の大山、投手主将の岩貞が任命された。

◆“川相塾”、バント講座さっそく開講。現役時代に世界記録となる通算533犠打を記録した「職人」の高説に聞き入った。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

佐藤輝、衝撃の140m弾。怪力で柵越え4発。

■春季キャンプ直前の阪神の先乗り合同自主トレが29日、沖縄・宜野座村のキャンプ地、かりゆしホテルズボールパーク宜野座で始まった。ドラフト1位・佐藤輝ら新人6人、新主将の大山、藤浪ら一軍メンバーの36人が参加した。午前10時、アップを終えると、野手はメイングラウンドで守備や打撃練習。投手はブルペンで投球練習を行うなど、3日後のキャンプインを前に最終調整。

◆藤浪ブルペン「一番乗り」。豪快ワインドアップ。今年解禁したダイナミックなワインドアップで39球を投じ、セットポジションで4球。今年の沖縄初のブルペンで43球を投球した。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スアレス、来日。

■4日、スアレスが来日したと発表した。球団によると出国前、到着後に新型コロナウイルス感染を調べる検査で陰性となった。25日から2週間は自宅待機となり、順調にいけば最短で2月8日に一軍キャンプ地の沖縄に移動することが可能となる。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

春季キャンプ、実践漬け。

■矢野監督は、「2・4」に“最速”の紅白戦を組むことを明言。新人6人に若虎中心の42選手を引き連れ、第1クールから実戦漬けにする。
「紅白を第1クールの最終日には、4日には。今、決まっているのは4日、7日に、ちょっと紅白しようかと。昨年の時点でもそのように伝えているので」

■ドラフト1位・佐藤輝、“実戦デビュー”が今年初実戦となる2月4日の紅白戦に決定した。以前、井上ヘッドコーチが同9日の練習試合・日本ハム戦(宜野座)での“対外試合デビュー”を示唆していたが、この日、矢野監督が実戦デビューの前倒しプランを明かした。現状で12球団新人最速。
「野手は出るでしょう。輝(佐藤)に関しては実戦はもちろん、普通にやっているんであれば」
同じ大砲候補で外野のポジションを争う井上も、2月4日の紅白戦出場は決定的だ。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

春季キャンプメンバー、振り分け。

■21日、甲子園球場内で合同コーチ会議を開き、2月1日から沖縄・宜野座でおこなう一軍キャンプメンバー42選手を決定した。主力メンバーが順当に一軍に名を連ねるなか、ドラフト1位の佐藤輝をはじめ、新人選手は9人中6人が一軍キャンプに決定。西純、井上は、プロ2年目で初の沖縄となる。また、育成の鈴木翔太投手と小野寺暖外野手も一軍に抜擢された。育成選手2人が一軍スタートとなるのは球団初。

矢野監督が合同コーチ会議後、甲子園で代表取材に応じた。新助っ人ロハス、アルカンタラの来日が遅れていることについて、
「球団も全力でやってくれているし、いろんな国のルールもあるので。そこをどうにかできることじゃないのでね。来てからどうするか、そこを考えればいいと思う」
と話した。

SNSでもご購読できます。

-->