高橋遥、2試合連続の完封勝利!

-->

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メ┃チ┃ャ┃優┃勝┃し┃た┃い┃ね┃ん┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

   〜 独断、スポーツ誌ななめ読み 〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★ 

高橋遥、2試合連続の完封勝利!

■快勝。高橋遥が、2試合連続の完封を無四球で飾った。中日打線を単打5本に抑えて二塁を踏ませず、わずか97球、2時間23分で料理。

巨人から13奪三振でプロ初完封を挙げた前回から一変、甲子園で打たせて取る別の顔を見せた。チームを連勝に導いた。球団左腕では、92年湯舟以来の2戦連続完封。試合後、引退する先輩3投手、岩田・中田・桑原への感謝の言葉&レガシー引き継ぐ決意をも。



「点を取られそうなところはたくさんあったので、運はいいかなと思います」
と、いたって謙虚な勝利に導いたヒーローは、お立ち台へ。球数は97球と少なく、メジャーで100球未満の完封をした際に呼ばれる、快投劇・「マダックス」を達成。
「後半は結構良かったので、バックの守備に助けられてすごい投げやすい感じでした」
と、高橋遥は充実感を漂わせていた。矢野監督は、
「しっかりしたコントロールもありながら、強さも打者に向かっていく気持ちも、すべてが素晴らしい投球でした」
と、絶賛。優勝争いのなか、
「この時期に戻ってきてくれたのは大きい。遥人が投げる時は絶対勝つ、というムードをつくってくれる」
と、存在感が高まる左腕に期待を寄せた。

「チャンピオンを目指して頑張りたい」
マルテは、2戦連続の3ランで「チャンピオンムード」を高めた。1回無死二、三塁、ロドリゲスのスライダーにやや泳ぎながら、21号先制3ランを左翼席に運んだ。打った瞬間、走るのを止めた。秋晴れの下で、打球は左翼席に向かって一直線。
「チームメート、ファンの皆さんと今日もラパンパラができて最高の気分だよ」
と、決勝弾で勝利を呼び込んだ。

※中野、443規定打席クリア。出番がなかった佐藤輝にも、シーズン規定打席到達の可能性がある。あと24。

◇ 前日に試合前の声出しを務めた護神・スアレスが、この日もナインにエネルギーを与えた。前日は「Champion」をテーマに話した守護神のこの日のテーマは、「Chance」。
「今までの人生、みんなここに来るために一生懸命やってきたと思います。今からはここから毎試合全部勝つために、その機会をしっかりと獲得しなければなりません。自分たちはTigersなので、来た敵を全部餌食にしなければいけません」と、力説。そして最後は日本語で、
「皆さん、俺達は誰だ?」
と、問いかけたスアレスに、ナイン全員が、
「Tiger!」
と、大声で応え、試合前にモチベーションを最大限に高めた。

♦55打席連続無安打中の佐藤輝は、4試合連続でスタメン落ち。この日は出場機会はなかった。サンズの降格と、ロハス・ジュニアの昇格。「6番・左翼」で出場したものの、二ゴロ併殺、三振、四球で無安打。一回の守備では飛球を落球(記録は安打)するなど精彩を欠いた。



○<阪神3-0中日>◇2日◇甲子園

SNSでもご購読できます。

-->