「8回の男」、湯浅!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

   矢野監督、途中休養日はいつ?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

「8回の男」、湯浅!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<中日3-4阪神>◇8日◇バンテリンドーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大山、9日ぶり貴重な5号同点弾!

■ 終盤に試合をひっくり返し、ここまで5戦5敗だったバンテリンドームで今季初勝利を挙げた。大山が同点2ラン、ロハスが勝ち越しの内野ゴロ。3-3の8回には一死から四球で出塁した中野が二盗に成功。佐藤輝も中前打で一、三塁のチャンスを作ると、ロハスの遊ゴロの間に三走・中野が勝ち越しのホームを踏んだ。

大山が、2試合連続で4番を外れ、「7番・一塁」で先発。意地の一振りで試合を振り出しに戻した。2点ビハインドの7回無死一塁。124キロスライダーを引きつけ、左翼スタンドへ同点の8試合ぶりの5号2ランをたたき込んだ。

西純は痛恨の2被弾。今季2試合目の登板となった先発・西純は一発に泣きながら、6回6安打3失点と試合をまとめた。その後はアルカンタラ、湯浅、岩崎と勝利の方程式で逃げ切った。ここまで5戦全敗だった鬼門のバンテリンドームで今季初勝利。連敗は2でストップした。

★湯浅、8戦連続無失点。4-3と1点リードで迎えた8回に登板し、1回を無安打2奪三振無失点に抑えた湯浅が試合後のヒーローインタビューに立ち、
「絶対にゼロで、3人で抑えるという強い気持ちを持って、マウンドに上がりました。先頭打者に粘られはしましたけど三振で抑えられたので、そこから波に乗って抑えられた」
と、声を弾ませた。これで今季は14試合に登板し、0勝1敗8ホールド、防御率1.26。
「どんな場面で投げても自分がやることは変わらない。できることを精いっぱいやろうと思って投げています」
今やチームに欠かせない若きセットアッパーは、8試合連続無失点と存在感を示している。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<中日2-1阪神>◇7日◇バンテリンドーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

鬼門バンテリンDで、5戦5敗!

■打線改造も実らず、貧打で2連敗を喫した。6番起用の大山が適時打も1得点止まり。この日は5安打1得点に終わり、直近5試合で計4得点。昨季まで4年連続負け越しているバンテリンドームで開幕5連敗となり、借金は13に膨らんだ。先発・ウィルカーソンは、5回5安打2失点で降板。

大山を24日ぶりに4番から外し、「6番・一塁」で起用。3番起用が続いていた佐藤輝を「4番・右翼」にすえた。さらに、好調の山本をプロ初の5番で起用。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<中日1-0阪神>◇6日◇バンテリンドーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

青柳好投も、無念のサヨナラ負け。

■意地と意地のぶつかり合いだ。青柳が9回まで2安打無失点と好投したが、0-0の延長10回、一死満塁からサヨナラ打を浴び、力尽きた。

延長10回二死。それまで完全投球をされていた大野雄から、30人目の打者佐藤輝が右中間に二塁打を放ち、初めて出塁した。大野雄の115球目。左腕の夢を打ち砕く一振りだった。
「真っすぐがよかったんで、速い球に合わせていきました」
と、1ボールから高めの145キロ直球をとらえて中堅右に運んだ。が、その初の好機も、大山が凡退。19打席連続無安打。 

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->