梅野が逆転打、岩崎は40日ぶりセーブ!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

  「奇跡のドラマ」は、打ち切り?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

梅野が逆転打、岩崎は40日ぶりセーブ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<阪神6-5広島>◇14日◇甲子園
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

執念の逆転勝利

■ 逆転勝利で、V消滅危機阻止。逆転V撃の梅野、
「いやあ、疲れました」
走攻守で、ド執念星。逆転V撃、激走生還、6投手リード。しびれるようなシーソーゲームを勝ち切った。

先発・伊藤将が1回に2点を先制されたが、その裏、大山の適時打などで同点。5回に勝ち越されたが、その裏ふたたび同点に追いついた。さらに、6回に2番手・ケラーが1点を失った直後、粘りを見せた。6回一死一、二塁の好機をつくると、梅野が右中間を破る適時2点三塁打で逆転。
「チームでつないで、たまたま自分が打点を挙げた。みんなのつなぎで乱打戦を制したんじゃないかなと思っています」
ちょっとした気分転換が、時に背中を押してくれる。8月下旬からゴールドがあしらわれたプロテクターを採用。今季使用していた白の差し色から変更した。 
「少しのカラーリングで見る未来も雰囲気も変わる。143試合もあれば打てた時、打てない時。勝った時、勝てない時が、もちろんある。毎日勝負してるけど、遊び心も持って」
みんなに視覚的にも楽しんでほしいと、そう願う男だ。プロテクターなら守備の際、中継に映し出される。ファン思いの梅野らしい細部へのこだわり。さらには、代打・マルテの中犠飛で、追加点を奪った。

7回に1点を返されながらも、8回は湯浅、9回は岩崎が僅差を守り切った。湯浅、自己最速タイの156キロ。アツアツの22試合連続無失点。ピンチ招くも、39ホールド記録。
「ヒットでランナーを出してしまいましたし、梅野さんに感謝しかないです。止めてくれると思って、本当に信頼して、腕を振って投げられています」
1点リードの9回、岩崎がマウンドに上がる。
「セーブシチュエーションが久々だったので、気合入りました」
守り抜いた。お立ち台では、一緒にお立ち台に立った梅野のセリフを拝借した。
「勝敗に直結するところで投げているので、次の試合も勝つバイ!」
突然の博多弁に、球場は笑いに包まれた。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<広島6-3阪神>◇13日◇甲子園
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■痛い一戦を落とした。エース青柳が踏ん張れず、拙守と拙攻も絡んで完敗。先発・青柳が、6回5安打5失点(自責4)と崩れた。打線も11安打を放ちながら3得点。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->