巨星ベーブ・ルース(3)

メジャーリーグを代表する選手となったルースは、数々の伝説も残しているが、そのなかでも有名なものといわれているのが、1932年のワールドシリーズで記録した「予告ホームラン」であろう。

この年のヤンキースはシーズンで107勝47敗を記録し、リーグ優勝。ワールドシリーズではシカゴ・カブスと対戦。ルースにとってはじめてのリグリー・フィールドだった。

あの伝説のホームランがうまれたのは、ヤンキース連勝で迎えたシリーズの第3戦でのことだった。4-4の同点に追いついた後の5回表だ。外野フェンスを指さして打席に入ったルースの打球は、外野を大きく超えた。飛距離にして約490フィート(約149m)といわれる豪快な一発だった。

観客は指でさして「予告ホームラン」を打ったと受け取ったのだが、じつは数をかぞえていたのだ。ルースは打席に入ると、捕手に、
「もう一度ここへ投げたら、またホームランをかましてやる」
すでに、3ランをはなっていた。そのコースを指差した。投手が投げた、
「ワン・ストライクだな」
と、指をたてた。次球もストライク。
「ツー・ストライクだな」
と、また指をたてた。そして、センターへの大ホームランだ。

ルースのホームランで勝ち越したヤンキースはこの試合に勝利、翌日の第4戦も制したヤンキースは負けなしの4連勝でシリーズを制覇。ちなみにこの「予告ホームラン」は、ルースがワールドシリーズで放った最後のヒットでもある。

1933年7月6日のこと、ある少年の「カール・ハッベルと、ベーブ・ルースの対決が見たい」という一通の手紙から実現したオールスターゲーム。この第1回オールスターゲームで、記念すべき第1号本塁打は、ルースが3回にビル・ハラハンから放った一発だった。

くしくもカール・ハッベルは8回から登板したが、最終回にルースがベンチに下がったため、両者の対戦を観ることはできなかった。翌年の第2回のオールスターゲームではこの夢の対戦が実現し、ハッベルのスクリューボールが冴え、ルースは手が出ず見逃し三振に終わった。

メジャー通算22年間で、首位打者1回(1924)、本塁打王12回(1918~1921,1923,1924,1926~1931)、打点王6回(1919~1921,1923,1926,1928)MVP1回(1923)、ヤンキースに在籍した15年間で7度のリーグチャンピオン、4度のワールドチャンピオンをもたらし、1935年にバットを置いた。

そのヤンキースでの最終年となった1934年の成績は打率.288、ホームラン22本、打点84と、40歳近い選手としては高水準の成績を残していたが、全盛期に比べると、やはり成績は低下していた。

さて、その1935年、ルースは40歳。この頃から選手として終わりが近づいていることをさとっていた。が、それ以上に、ルースの心はヤンキースの監督になることを目指しており、それはマッカーシー監督の後任になる希望を隠しきれずにいた。

しかし、ルパートはマッカーシーを辞めさせる気はなく、逆にこれはルースと、マッカーシーの間に大きな軋轢を残した。ついに、2月26日、ルースをボストン・ブレーブス(現アトランタ・ブレーブス)にトレードした。

そのブレーブスはといえば、それなりのチームとして結果を残していたが、フックスは負債に悩んでおり、本拠地ブレーブス・フィールドの家賃を払えない状態でいた。そのため、集客力のあるルースはめっけもんで、ちょうどよい補強であったのだ。
「ルースに、一つの提案をしてみるつもりだ」
と、フックスはなにくわぬ顔をして、
「もしわれわれの球団に来てくれれば、助監督になってもらい、球団の役員の地位を用意するつもりだ。希望があれば、試合に出たいだけでてもらう」
と、早口で説明した。

メディアが注目するなか、ルースは本拠地としてのボストンに16年振りに帰ってきた。ニューヨーク・ジャイアンツとの開幕戦には2万5,000人の大観衆が集まり、4-2でブレーブスが勝利した。

ルースは、全得点にからむ大活躍を見せた。しかし、それ以降、ルースともどもチームは低迷することになってしまった。

ルースはカゼをひき試合を休んだり、スタメンででるも最後まで残ることは一度もなかった。走塁の衰えは著しく、たまに四球でても足が遅く、満足に走塁もできなかった。むろん、守備もなっていなかった。フックスに契約前に、
「空いている外野に入ってもいい」
といわれていたが、守備の衰えはあまりにもひどかった。ブレーブスの投手陣は、
「ルースがラインアップにいる以上、マウンドに上がることはできない」
と、ボイコット寸前の姿勢を見せていた。そのうえ、フックスの望んだ観客動員数も、ガタ減りだった。

マッケチニー監督もチーム運営に際してルースの助言を受け入れることはほとんどなく、助監督と、副代表としての役職は名ばかりであったということに、ルースは怒り心頭。フッシュがルースに約束していた「球団の利益の分け前を与える」も、ウソであった。それだけではなく、フックスはルースにチームに5万ドルの資金を投資することさえ望んでいたのだ。

5月、ルースとフックスは、ついに衝突。球団の経営を助けるため、入場券セールを促進するための催し物に、ルースは無断で欠席。フックスはルースをなじると、ルースも、
「お前さんは、じぶんの仕事をやっていればいいんだ。オレには、オレの仕事があるんだ」
と、大声でわめきかえした。この直後、ルースはフックスと、マッケチニー監督に、
「もうレギュラーとして、出場できない」
と申し出た。が、各地で”ルース・デイ”を企画していて、今すぐ引退できないことはわかっていた。
「オレは間違いを犯したよ。契約にサインすべきじゃなかったよ」
といい、
「オレは、ヨレヨレで使いもんにならん。もう疲れ果てた」

1935年5月25日、ペンシルバニア州ピッツバーグ、フォーブス・フィールドにて、ルースは最後の力を振り絞り、3本のホームランを打ち、ファンに「伝説のベーブ・ルース」を見せつけた。5月30日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で途中交代すると、2日後に現役引退を表明することになる。



6月1日、ジャイアンツ戦が終わった後のルースは、新聞記者をロッカールームに集めて、現役引退を表明。その5日後、5月30日ルースは正式に引退することになった。引退後は監督就任を目指したが、結局最後までどこのチームからも声はかからなかった。

引退してからのルースは、3年後の1938年にブルックリン・ドジャース(現ロサンゼルス・ドジャース)のゼネラル・マネージャーだったラリー・マクフェイルのオファーを受け、一塁コーチに就任。が、コーチ業は長く続かずにわずか1年で辞任。この後ルースがメジャーリーグの仕事に関わることはなく、さびしい形でメジャーリーグを去ることになった。

1939年1月、ラパート大佐が死んだ。ゲーリックも死にかけていた。ルースも万全ではなかった。ゴルフ、ボウリング、そして狩猟の生活にひたっていたが、車での事故を起こしたことをひどく気にしたり、ゴルフ場で軽い心臓発作をおこしたり、カゼの症状が重くなり病院に運ばれもした。

それでも、有名だったルースは、その後チャリティ・イベントなどを開催したり、参加することに多大なる時間を費やしたりした。

1948年6月13日、ヤンキースタジアム開場25周年記念祝典に参加し、この日、ルースがヤンキース在籍時につけていた背番号「3」が永久欠番に指定されることになった。その日かれは、当時存命していた1923年当時のヤンキースメンバーとのしばしの再会を楽しんだという。

ガンを患っていた体は見た目も弱っており、以前の社交的なルースではもはやなくなっていた。バットを握ることもできなかったほどだった。この時撮られた写真は、野球史上最も有名な写真の一つとなり、これによってカメラマンはピューリッツァー賞を受賞している。

1948年の春先から具合がよくなかった。7月26日に自伝映画「ベーブ・ルース物語」の試写会に参列したのを最後に公式の場に姿を見せなくなり、それから約1か月も経たない1948年8月16日、恵まれない子供たちのためのベーブ・ルース財団に多額の財産を遺し、2番目の妻クレアと、二人の養女ドロシー、ジュリアに見守れながら安らかに息を引きとった。享年53歳と、はやすぎる死だった。

ルースの最後の言葉は、
「谷の向こうにいこうとしたのだ」
と、ふいにベッドから起き上がって、部屋を出ようとしたとき、看護婦と医者にこう答えたという。谷の向こう…? そこにいったい何があるんだろう、いや何かあったんだろうか?

その後亡くなったルースの亡骸は、2日間ヤンキー・スタジアムに安置され、約15万の人たち(半数は子ども)が別れを告げに訪れたとされている。

参考;「誇り高き大リーガー」 八木一郎著 講談社刊
「英雄ベーブルースの内幕」R.クリーマー著 宮川 毅訳 恒文社刊

SNSでもご購読できます。

-->