テルだ! タクムだ!

-->

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

め┃ち┃ゃ┃勝┃ち┃た┃い┃!┃優┃勝┃し┃た┃い
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

     ~ 独断! スポーツ紙、ななめ読み! ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

テルだ! タクムだ!

■ 逆転勝ちで、4連勝。佐藤輝は「6番・右翼」、大山が4番復帰。

佐藤輝が、2試合連続となる9号本塁打を放ち、2ケタ本塁打に早くも王手をかけた。9回一死走者なし。5番・サンズが左翼スタンドに2ランを放り込んだ直後。やや外寄り低めへの131キロフォーク。呼び込んでとらえた打球はレフトスタンドへ入る9号ソロ。公式戦で初めて逆方向への一発を放った。2者連続本塁打で、ヤクルトを一気に突き放した。主将・大山は、2戦ぶりの出場でダメ押し打を放った。

先発・西勇、逆転許すも、中継ぎ陣が盤石リレー。要所の7回は岩崎が0封、9試合連続無失点だ。岩貞、4球で2勝目。 

昼間の猛虎は、負けない。15安打11得点でヤクルトに勝ち、このカードは開幕から6連勝とした。4連勝で、貯金を今季最多「13」に増やした。開幕から同一カード6戦全勝は06年横浜戦の7戦全勝以来、15年ぶり。ヤクルト戦に限れば70年以来、51年ぶりとなった。矢野監督、代打同点打の陽川に、
「チームにとっても大きかった」
が、大山には厳しい言葉。
「ちょっと前半はね、悠輔がかえさなあかんところでかえせなかったり、守備のミスもあったし。乗っていけない流れになってしまってたんで」



「井上ヘッドにいただいた厄払いの笹餅の効果がでました」
悪い流れをリセットする見事な“厄払い”の一打だった。直前のイニングに大山の悪送球で逆転され、2点を追った6回。二死から四球と安打で一、二塁とすると、西勇の代打・陽川が打席に入った。
「初球から打つことを決めていた」
初球を迷いなく振り抜き、とらえた打球が左中間を破る。一走・中野も一気に生還するどデカい価値のある同点の2点適時二塁打。一振りで、試合を振り出しに戻した。

プロ初本塁打を含む3安打の中野が、プロ1号について、
「非常にうれしく思います。感触は良かった。あとは入ってくれという願いを込めた」
と振り返った。記念球は、両親にプレゼントされる予定。3安打で4試合連続安打と、打撃も好調。この日も無観客でのヒーローインタビューとなり、
「悲しい気持ちはありますけど、テレビの前で見てくださっている人のために元気を与えるプレーをすることが自分たちの仕事」
と、今後の活躍を誓った。ルーキーのアベック弾に負けじと、マルテ&サンズの助っ人コンビも今季3度目のアーチ競演で、しめて4発。破壊力抜群の“SM砲”。



○<ヤクルト5-11阪神>◇4日◇神宮

SNSでもご購読できます。

-->