西純、巻き返しへの“新戦力”!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

   矢野監督、途中休養日はいつ?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

西純、巻き返しへの“新戦力”!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<巨人1-8阪神>◇1日◇東京ドーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

快勝、6連勝。お祭り騒ぎだ!

■ 巨人に、同一カード3連勝。高卒3年目の西純が巨人戦に今季初先発し、7回3安打1失点、自己最多8奪三振の好投でプロ2勝目をもぎ取った。5回には、プロ初安打も記録。今季完全試合を達成したロッテ・佐々木朗と同学年の右腕が成長の跡を残し、チームは東京ドームで宿敵を相手に9年ぶりとなる同一カード3連勝。6連勝で、「反攻の5月」の幕が開けた。

宿敵が相手の敵地マウンドでも、西純は野球少年のように楽しんでいた。「常に心がけている」という笑顔を何度も浮かべ、空振り三振を奪うと、激しくグラブをたたきガッツポーズ。味方打線が点を取れば、ベンチで跳びはねて喜んだ。お立ち台では、最高の笑顔を見せてくれた。
「いや~、もう本当に最初すごく緊張していたんですけど、試合に入ったら集中できて、梅野さんのリードのおかげで自分のピッチングができたと思います」
最速153キロの直球と、切れ味抜群のフォークがさえ渡った。矢野監督は、今季初登板で快投した西純を称賛。
「うれしいです。これからの試合が本当に楽しみなピッチングを見せてくれました。ジャイアンツを相手にこういうピッチングができる。どのチームでも純矢のボールが通用すると証明できた、楽しみなピッチングでした」

絶対に打つ。芸術的な右打ちから放たれた白球が右前に弾む。三塁ベンチで大喜びする西純を見つめ、梅野は塁上でグッと拳を握りしめた。
「自分が(走者を)かえすしかない場面。純矢が粘り強く投げていたし、自分と勝負というのは分かっていたので結果としてかえすことができてよかった」
0-1の6回。糸原の一打で同点に追いつき、なおも二死一、三塁で打席に向かった。カウント1-1から3球目、151キロにバットを合わせた。一、二塁間を破る値千金の決勝打。ここまで苦しんではいるが、試行錯誤を繰り返し、少しでもコンパクトにスイングしようとバットを寝かせたことが功を奏した。悩める梅ちゃんが、ここ一番の勝負強さを取り戻し、西純の今季初勝利をアシストだ。
「球の力をすごく感じたし、それがあるからこそ得意のスプリット、変化球が生きていたので。自分の投球をできるようになった」
と、成長に目を細めた。

佐藤輝が逆転劇の口火を切った。0-1の6回先頭。左腕高橋から左中間への二塁打を放ち、その後の糸原、梅野の適時打を呼んだ。
「何とか早く、みんなで頑張って点を取ってあげようという感じだった」

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->