才木、再起おめでとう!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

   矢野監督、途中休養日はいつ?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

才木、再起おめでとう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<中日0-3阪神>◇3日◇バンテリンドーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大山、通算100号

■ 才木、号泣。先発の才木が5回無失点で、19年5月1日広島戦(甲子園)以来1159日ぶりの白星を挙げた。トミー・ジョン手術、育成契約での苦しいリハビリを乗り越えての1勝。試合後は、涙のヒーローインタビューとなった。
「本当に3年間リハビリで、手術もあって、とてもしんどかったんですけど…」
と、話しはじめると、涙が止まらなかった。17秒後、
「本当にずっと支えてくれていた人たちのおかげで、今、またここに戻ってくることができた。本当に感謝の気持ちしかないです」
と、球団関係者だけでなく、リハビリ期間を支えてくれたトレーナーや理学療法士らにも感謝した。故障明けだが、この後は
「うん。いったん抹消する」
と、矢野監督。その間の調整方法、
「様子を見ながら休ませるときは休ませて、投げる時はしっかり投げてという形ができたら全然問題ないかなと思うので。いつ投げるか、どこで投げるかわからないけど次に向けてしっかり調整できたらいいかなと」
と、才木。5回を5安打無失点で直球の最速は153キロを計測。才木の後は岩貞、加治屋、浜地、ケラー、岩崎のリレーで零封勝利だ。

2回には大山が通算100号となる19号2ラン、この日で通算658試合出場。
「入った瞬間はうれしかった。けが明けの才木、同期で入ったかわいいかわいい後輩なので、先に点を取ってあげたいと思っていました」
と、笑みを浮かべた。100本塁打到達は、球団では田淵幸一、掛布雅之、岡田彰布に続く4番目のスピード。
「ここからをスタートとしてこれまで支えてもらった方々に感謝をしてこれからも1本、1本積み重ねていけるように頑張ります」
3回には、中野拓夢が4号ソロと援護。 近本、球団歴代単独2位の29試合連続安打。マートンの球団記録まであと「1」。

復活した才木の勝利を人一倍喜んだ同僚がいる。3点リードの7回に4番手で登板し1回を零封した浜地は、同じ高卒の才木とはドラフト同期入団。試合後、これまでの道のりと2人の関係性について実感を込めて語った。
「入団時から本当にずっと1歩先をいってましたし、そのおかげで僕も頑張れたっていうのはあるので。良い刺激をずっともらってた。こうやって、こういう日に一緒に投げられたのはすごくうれしいこと」
一軍デビューも、初勝利も才木が先だった。意識しない方がおかしい存在。それでも、努力する姿を目にしてきたからこそ、その背中を追えた。
「(リハビリ期間も)ずっと一番練習してたってのは見てたので。こういう試合に自分も投げられたのはすごくうれしい」

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->