大逆転勝ち!

-->

大逆転勝ち!

■6点差から大逆転で、連勝。貯金は今季最多タイの6となり、Aクラス(2位もしくは3位)が確定した。4回に4連打を含む6安打5得点で同点。5回に梅野の7号ソロで勝ち越した。小刻みな継投で反撃をかわし、ガンケル2勝目、岩崎2セーブ目。先発・西勇が大乱調。2回途中7失点(自責点4)で降板し、最優秀防御率のタイトルが絶望的になった。
 



V逸し、クライマックスシリーズもない消化試合で、不屈の姿を見せた。6点差をひっくり返し、今季最大の大逆転勝ち。矢野監督も、
「みんなの諦めない気持ちがこのような結果になって、シーズン終盤ですけど、このチームの気持ちっていうのがすごくうれしいです」
 

2回に組んだ円陣で、主将・糸原が鼓舞した。
「逆転するぞ!!」
1-7で迎えた3回。一死から糸原が右中間へ三塁打を放つと、ニ死一三塁とし、サンズが左前に運び2-7。反撃ののろしを上げると続く4回だった。
 

先頭の木浪が左前打、梅野の内野安打で一、二塁とすると、代打・原口が中前適時打。勝負強い男が、
「とにかく後ろにつなぐ意識を。素直に打ち返すことができてよかった」
と気を吐くと、近本が中前適時打で続いた。相手のミスもありなおも一死二、三塁でマルテの遊ゴロの間に追加点。大山にも適時打が飛び出し、1点差とすると、陽川の右前適時打で7-7。打者一巡の猛攻で試合を振り出しに戻す。
 

さらに、続く5回は先頭の梅野が左中間へ勝ち越しの7号ソロ。
「流れがこっちに来ていたので、思い切って打ちにいった」
梅野の表情は、満面の笑みとはならなかった。口を突いたのは、序盤に大量失点したことへの反省の弁だった。
「やられっぱなしでね。自分も送球する間もなくあんだけ簡単に(スタートを)切られて。本当にダメなゲーム、展開やった」
 
 



○<阪神8-7ヤクルト>◇5日◇甲子園
 

◆ボーア、退団へ。近日中に帰国濃厚、2億6000万円年俸見合わず。今季の開幕を球団史上最多の外国人8人体制で迎えた。スアレスが24セーブを挙げ、最多セーブ。サンズが主軸として活躍したが、今季2勝のガルシアを含め、助っ人戦略で検証する部分は多い。
 

スアレス、流出か。複数のメジャー球団が興味を示し、すでに獲得調査を開始。本人も昨年オフにはアメリカ行きを画策していたように、非常にメジャー志向が強いことで知られている。
 
 

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

SNSでもご購読できます。

-->