大山復活、トンネル抜けた!

-->

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メ┃チ┃ャ┃優┃勝┃し┃た┃い┃ね┃ん┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

   〜 独断、スポーツ誌ななめ読み 〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★ 

大山復活、トンネル抜けた!

■ 投打に、中日を圧倒。カードの勝ち越しを決めた。3回に1点を先制した。梅野の安打から一死二、三塁と好機をつくり、中野が犠飛。4回、糸原の適時二塁打で1点を追加。5回もマルテの適時打、大山の犠飛で2点追加した。鬼門で13安打6得点、前半戦勝ち越し。

「悔しい思いをしていた」
大山が、2安打2打点。17打席ぶり安打。
「チームの流れを止めていると思っていたので。今日はそういう意味で、しっかり打点を稼ぐことができて良かったです」
9回に、マルテがダメ押しの適時二塁打。

ガンケルは、7回無失点で6勝目。来日最長の7回を投げ、6安打5奪三振無失点で無傷の6連勝を果たした。奪った21アウトのうち、13個がゴロアウト。四死球0で、テンポ良く中日打線を打ち取った。
「全体的にいいピッチングができたと思うね。梅野がよく引っ張ってくれたし、攻撃陣も効果的に得点を重ねて相手にプレッシャーをかけてくれたから、自分にとってはすごく投げやすい状況をつくってくれたよ」

梅ちゃん、竜倒火つけ侍正妻アピール打。3回先頭で、先制点につながる右前打を放ち。守っては、完封リレーを演出した。中野、5度目の猛打賞。
「自分の役割をしっかり」
鬼門での勝ち越しに、貢献した。



◆痛ッタ~。佐藤輝、途中悶絶交代。7回の打席で内角スライダーを空振り三振した際に、投球が左膝を直撃。大事を取って、この回でベンチに退いた。4打席無安打。矢野監督は、無事を強調、
「全然、大丈夫」

○<中日0-6阪神>◇24日◇バンテリンドーム

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

●<中日6-2阪神>◇23日◇バンテリンドーム

藤浪、大炎上。ウンドの19番が天を仰いだ。2-2で迎えた7回。2番手藤浪がのみ込まれた。1ヒット、2四球で2死満塁とすると、痛恨の押し出し四球で勝ち越し点を献上。続いては、右中間へ走者一掃の適時二塁打と勢いを止められず。この回一挙4失点で、ジ・エンド。

積極性が、この夜ばかりは裏目に出た。12安打を積み上げたが、痛い走塁死が重なって2点のみ。4つのアウトを、足で失った。



◆ 佐藤輝、新人左打者歴代2位の19号。
「しっかり自分のスイングができた」

SNSでもご購読できます。

-->