頼もしい伊藤将、連敗止めた!

-->

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メ┃チ┃ャ┃優┃勝┃し┃た┃い┃ね┃ん┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

   〜 独断、スポーツ誌ななめ読み 〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★ 

頼もしい伊藤将、連敗止めた!

■ 投打のかみ合った戦いで、連敗を3で止めた。継投でリードを守り切り、伊藤将の8勝目。一発攻勢。2本の本塁打で5点を奪い、試合を優位に展開して連敗を止めた。4回、大山の18号2ランで先制。5回裏、マルテの20号3ランで点差を広げた。

伊藤将は、2本のソロを浴びたが2失点にとどめた。7回を無四球で、球団新人左腕では86年遠山以来となる8勝目を挙げた。チームの連敗を止めたのがこれで4度目。連敗ストッパーとして幾度もチームのピンチを救っている。左腕も、
「ここまで来たら(シーズン)最後まで投げ抜きたいと思います」
と、語気を強めていた。矢野監督も、
「ルーキーでね、こう1年間ローテを守るっていうのも簡単なことじゃない。立ち上がりも素晴らしいピッチングでしたし、将司が流れをつくってくれましたね」
と、絶賛。8回を3者凡退で抑えた岩崎優が、33ホールド目を記録。3点差の9回はスアレスがリードを守り、リーグトップのセーブ数を「35」に伸ばした。

4試合ぶりの一発に、4番・大山は、
「常に勝ちたいは思っていますし、チームも苦しい状況ですが、そういった意味では今日勝つことができてよかったです」
と、胸をなで下ろした。外寄りの直球をフルスイング。高々と舞い上がった打球は中堅左のスタンドに着弾した。

♦佐藤輝、野手ワースト更新の55打席連続無安打。
♦♦今季限りで現役引退する岩田稔が1日、西宮市内のホテルで会見を開いた。大阪桐蔭高時代に発症した1型糖尿病と闘いながら、マウンドに立ち続けた虎一筋16年。家族のサポートに感謝の涙を流した左腕は、
「あっという間に過ぎた16年でした」
と振り返った。今後は未定。球団は、引退セレモニーを検討している。

○<阪神5-2中日>◇1日◇甲子園



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

●<阪神4-5広島>◇30日◇甲子園

痛恨。甲子園でカープに3連敗。8回の男・岩崎が痛恨の1発を浴び、今季3度目、広島には2度目の同一カード3連敗を喫した。広島に、10勝11敗と負け越しとなった。先発・西勇は、7回途中に降板。2被弾など踏ん張れず。投手陣が粘りを見せられなかった。

*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

●<阪神2-8広島>◇29日◇甲子園

競り負け、2連敗となった。先発・青柳は、今季初めて広島戦に登板。2発を浴び、5回4安打3失点で降板。自己最多の10勝目を挙げた8月24日を最後に、5試合連続で白星を逃した。打線は10安打を放ち、4回は一死満塁、7回も二死満塁とチャンスをつくったが生かせなかった。

佐藤輝、あ~不名誉記録更新。54打席連続無安打。NPB歴代野手ワースト。
岩田が現役引退を決断。グラウンド外では1型糖尿病患者のためのチャリティー活動を継続。球団からは社会貢献活動を表彰する「若林忠志賞」も贈られた。現役引退後は球団スタッフとして残る道も含め検討していくが、何らかの形で同様の慈善活動は続けていきたい考えがあるという。



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

●<阪神0-2広島>◇28日◇甲子園

痛恨黒星。今季10度目の完封負け。2安打と沈黙。首位ヤクルトとのゲーム差を1に広げられた。先発・秋山は、7回2失点で今季6敗目(10勝)。佐藤輝、53打席連続無安打、28年ぶりにNPB野手ワースト記録に並ぶ。

♦中田が、今季限りで現役を引退。

SNSでもご購読できます。

-->