大山、先制打含む大暴れ、4打点!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

   矢野監督、途中休養日はいつ?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

大山、先制打含む大暴れ、4打点!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<日本生命セ・パ交流戦:オリックス1-6阪神>◇10日◇京セラドーム大阪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

青柳、メッセ以来、交流戦史上2人目の防御率0.00

■快勝。投打の柱の活躍で連敗を2で止めた。交流戦初優勝に望みつないだ。青柳が7回無失点で7勝目、防御率0.89。

大山が、ふたたび目を覚ました。2戦連続0封負けと元気のなかった打線が、初回に流れをつかんだ。大山が右翼線二塁打を放ち、チーム22イニングぶりの得点を挙げた。絶好調の大砲は止まらない。1-0のまま迎えた6回。敵失で1点をもらった直後、大山は左越えに14号3ランを打ち込み、5-0と突き放した。
「追加点が取れて、いい流れでまわってきた打席だったので、積極的にスイングしていこうと思っていました。手ごたえはありましたし、しっかりと自分のスイングができたと思います」
チェンジアップがしっかり見えていた。インパクトの直後、スタンドインを確信し、心地よさそうにフォロースルーを決めた。放物線は、京セラドーム大阪5階席に到達した。ベンチでは、ファンから募集した黄色いダルマ仕様の新作「虎メダル」をかけられ笑顔だ。交流戦は、16試合で7本塁打、19打点の暴れっぷり。

これぞエース。青柳が7回2安打無失点の快投で、ハーラートップタイの7勝目を挙げた。
「味方に先に点を取ってもらったので、球数を使ってでもゼロに抑えるというのが仕事かなと」
と、粘り勝ちだ。必勝を期してカード頭を託され、今季2度目の中5日で121球の熱投。勝利数、防御率0・89、勝率8割7分5厘、3完投はいずれもリーグトップを誇る。

近本 猛打賞で3割見えた。12戦連続安打&3試合連続マルチ安打をマーク。矢野監督は好調っぷりに目を細めつつ、
「3番であれば、(走者を)かえす打撃もしてもらっていいし」
と、クリーンアップとしての役割にも期待を寄せた。

★救世主となるか。シーズン途中の補強ということもあり、『助っ人8人制』のラストピースとして白羽の矢を立てたのは、NPB経験者の元オリックスのロドリゲスだった。9日(日本時間10日)、所属先のパドレスがロドリゲスの退団を発表し、獲得への障壁をクリア。今月中旬にも虎のロドリゲスが誕生する可能性が出てきた。というのも、親会社の阪急阪神ホールディングスの株主総会が6月15日に控えている。今季は最下位に低迷し、紛糾は必至。阪神は低迷している年の株主総会前後に、助っ人を緊急補強するケースが多い。ロドリゲスを獲得するとなれば、株主から貧打や助っ人の不振について指摘された際に、『準備はしている』との言い訳も立つ。そもそも助っ人野手の失策が多く、オリックスをクビになった選手だし、過度な期待は禁物だ。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<日本生命セ・パ交流戦:ソフトバンク4-0阪神>◇9日◇ペイペイドーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■5安打で完封され、今季3度目の2試合連続0封負け。再び自力優勝が消滅。先発・ウィルカーソン投手が、4回途中3失点で3敗目を喫した。立ち上がりから不安定な投球が続き、来日最多4四球を与えるなど乱調。
「良い所に投げようと慎重になりすぎて、ボール先行の苦しい投球になってしまったよ」
ケラーが新球フォークを武器に、来日初の1回無失点に抑えた。4点ビハインドの8回に登板。1回3Kで圧倒した。
「まずは無事投げることができて良かったよ。また今日のような投球ができるように頑張るよ」

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<日本生命セ・パ交流戦:ソフトバンク1-0阪神>◇8日◇ペイペイドーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大山止まったら、虎も止まった

■今季14度目の完封負けで7連勝を逃した。6月は7試合目で初黒星。0-1の完封負けは早くも今季7度目となった。西純が、7回を内野ゴロの間による1失点と好投。ただ打線の援護がなく、8回一死満塁では、大山、糸原がともに空振り三振に倒れた。ヤクルトが勝ったため1日で交流戦首位から陥落。

高寺が、一軍デビュー戦で堂々とした姿を見せた。高卒2年目で一軍に初昇格。「8番・二塁」で即スタメン起用された。矢野監督も、
「初球から打ちにいったり、来たゴロもしっかりさばけた。大したもんじゃないかなと思います」

★ウィルカーソン、5月月間MVP。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->