青柳 エースの矜持!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

   矢野監督、途中休養日はいつ?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

青柳 エースの矜持!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<ヤクルト0-8阪神>◇8日◇神宮
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

青柳、圧巻完封劇

■ 快勝。先発・青柳がヤクルト打線を散発3安打に封じ、今季2度目でプロ3度目の完封勝利。打線も奮起。近本が、連続安打30試合で止まっても、リスタートの一戦で快音。1-0で迎えた6回一死一塁で、140キロストレートをとらえ、右翼スタンドへ。今季1号が、貴重な追加点を生み出した。じつに368打席目での初アーチだった。
「浮いてきたストレートを一発で仕留めることができました。ヤギさんを援護できてよかったです。今日からまた頑張ります」

あわや本塁打の先制適時三塁打で、佐藤輝が先制点を挙げた。
「感触は良かったですが、風が強かったので『捕らないでくれ!』と思って走っていました。まずは先制することができてよかったです」
1回、先頭の中野の中前打と犠打などで二死二塁の好機をつくり、4番が打席へ。低めの直球をすくい上げるようにして打つと、打球は右翼フェンス上部に直撃した。

7回には、打者一巡の猛攻で5点。大山の2点打などを含む5安打&打者一巡の猛攻で5得点を挙げた。先頭の山本が三塁内野安打で出塁。一死後、青柳の犠打は投手の失策となり一、二塁に。中野も二塁内野安打で続いて満塁に好機を広げると、島田が左前へ適時打で追加点を挙げた。なおも一死満塁で、近本は押し出し四球。佐藤輝は空振り三振に倒れたが、大山に2点打、糸原にタイムリーが飛び出し、打者一巡で、5得点を挙げた。
「何が起こるかわからない球場ですし、点差は何点あってもいい。取れる場面でしっかり一本出すことができてよかった」
と、大山。今季は満塁で打率・600(10打数6安打)、15打点。二死満塁に限ると、5打数5安打で打点12だ。チームトップの打点を63に伸ばし、19度目のマルチ安打もマークした。

先発の青柳がヤクルト打線を散発3安打に封じ、今季2度目でプロ3度目の完封勝利を飾った。今季4完投は、両リーグ単独トップ。自身6連勝で、同じく両リーグ単独1位となる今季9勝目を挙げた。
「(三振を)取れればうれしいですけど、別に狙ってないんで、僕の場合は(笑い)。本当に配球の流れで三振が取れてるだけなので、キャッチャーのおかげだと思います」
調子は悪かった。味方打線の大量援護に守られ、スコアボードに9個の「0」を並べ、防御率も両リーグ1位の1.36とした。
「まだエースじゃないとは思っていますけど、自分が軸でまわっている自信はありました。1イニングでも1球でも多く投げたいということで、たとえ0-1で負けている状況で、マウンドを降りるというのが…」
ただ、
「あそこで降りちゃいけないし、降ろされちゃいけない」
という強い自覚が、どこまでも高みへと押し上げるのだ。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<阪神0-3広島>◇7日◇甲子園
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ついに止まった。近本が7日広島戦(甲子園)で4打数無安打に終わり、連続試合安打は「30」で途切れた。近本の記録が途絶えると同時に、チームの連勝も3でストップした。アンダーソンを攻略できず、6回以降は出塁なしで、今季16度目のゼロ封負け。5回1失点と力投したルーキー左腕・桐敷を援護できなかった。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->