秋季キャンプ、あらかると(3)

-->

┏◆ 
┃ 秋季キャンプ あらかると(3)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今キャンプは計10日の指導で、名古屋と高知を飛行機で9往復というハードスケジュールにも、
「あっという間の3週間だった」
秋季キャンプで初めて指導にあたった山本昌臨時コーチが、来年の春季キャンプでもコーチを続投することが内定した。
「春は実戦で勝負ということになるので、またちょっと違うような感じになると思いますけど」
と、球団からの要請に「快諾」。

◆19日、秋季キャンプ打ち上げ。岩貞が、手締め。10月31日から20日間。4クールにわたり、選手が監督・コーチらと課題と向き合って汗を流した。今秋キャンプは山本昌臨時コーチが成長著しい高橋遥や、復活を期す藤浪ら投手陣を精力的に指導。新加入の井上打撃コーチ、北川打撃コーチも、明るさと厳しさを持って指導に当たった。

来年のコーチングスタッフをも発表した。打撃コーチについては、井上一樹氏と新井良太氏が一軍打撃コーチに、北川博敏氏が二軍打撃コーチに就任した。今季まで一軍打撃コーチだった平野恵一氏は二軍内野守備走塁コーチとなった。

◆<阪神紅白戦 : 白組1-5紅組」>◇17日◇安芸市営球場

実戦第2ラウンドは、岩貞と高橋の左腕対決は、ともに無失点締め。一方、2番手で登場した藤浪は、「縦振り」手応えも、2四球1暴投。
「制御できる球とできない球はっきり」
と、悩ましげ。投手陣に明暗が分かれる形となった。守備面では、5失策と課題が浮き彫りに。収穫と課題を残す形で、今季“ラスト実戦”を終えた。



◆<阪神紅白戦:紅組0-2白組>◇16日◇安芸市営球場

秋季キャンプ初の紅白戦。ともに先発候補で、2番手で登板した馬場、飯田は明暗分ける投球内容。飯田は2回を投げて無安打無失点。馬場は2回2安打2失点と、アピール失敗。セーフティーバントを敢行した近本、三塁走者・熊谷の重盗で得点し、高山の犠飛で2点目のホームイン。先発には秋山、青柳、4番は陽川と、大山。

来季ローテ入りへ秋山、青柳快投。紅組先発・秋山2回無安打無失点 復活へ完璧な投球。対する白組の先発・青柳は、2イニングを投げて2安打無失点。山本昌臨時コーチ直伝の新球シンカーや、完全習得を目指すチェンジアップなどを多投。43球を要す内容だったが、同球で空振り三振を奪うなど、収穫の多い登板となった。

■西のイチオシは、
「高橋遥人。まっすぐは球界1、2」
と、語る。16日、MBSテレビ「せやねん!」(土曜前9・25)に生出演。

SNSでもご購読できます。

-->