高橋遥、投打で躍動!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 ◆ My Tigers 雑記帳  

   〜日々試合を追っかけて
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

高橋遥、投打で躍動!

■高橋遥がプロ初完投で自己最多のシーズン4勝目をマークした。
「素直にめちゃくちゃうれしいです」
中5日だったこの日は、力任せではなく制球重視のスタイル。無四球。序盤に4者連続三振を奪うなど、自己最多の14奪三振に達した。バットでも活躍、6回、二死二塁の得点機で中前適時打。プロ初打点。

今季初の国産打線。サンズ、ボーアがスタメン落ち。代わって左翼のポジションに高山、一塁は原口が入り、4番には大山が座った。

高橋遥は、直球、変化球を巧みに投げ分け、被安打5で1失点の快投。9回も順調に2人を抑え、坂本を追い込むとスタンドのファンからは思わず“あと1球”の声も。空振り三振に斬って、甲子園を大いに沸かせた。「サンケイスポーツ」によると、
「うまくリードしてもらった」
といっているように、捕手・坂本が“違う高橋”を引き出した。113球は今までの球威で押すイメージではなかった。最速145キロ。150キロを1球も計測することなく9回を投げきった。だからといって、なにも変化球を多投したわけではなかった。自己最多14三振の内訳はストレート系が11、変化球が3だった。



5回二死一塁からは、大山がバックスクリーンにセ・リーグトップに並ぶ勝ち越しの24号2ランを放った。
「遥人が頑張ってくれていますし、なんとかしたいと思っていたので、勝ち越すことができて良かったです。自分のスイングができました」
バックスクリーンに飛び込む“100万円弾”。2点リードの6回には投手の高橋遥、近本の連続適時打で加点。7回には久々のスタメン出場だった高山がダメ押しの適時打を放った。4打数1安打に、
「もっと早い打席から打たないといけなかったという悔しさのほうが強いですし、そこは反省したい」
と、悔しげ。

◆9月中旬の名古屋遠征中に「4人まで」というチーム規則を破る8人で会食し、新型コロナウイルス感染拡大を招いた福留ら6選手が5日、隔離期間を終えて鳴尾浜球場で自主練習を開始。最年長の福留が軽率な行動を謝罪した。
「まず、一番しっかりしなければいけない立場の僕。1番の年長者でチームのルールを破ってしまった。そこに対して本当に申し訳ない」
2つの会食に参加したメンバーについて、
「球団の規則にのっとり、厳正に対処していきます」
と、発表。何らかのペナルティーを課す方針を明かした。

○<阪神6-1巨人>◇5日◇甲子園

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

●<阪神1-7巨人>◇4日◇甲子園

ため息!

■大拙攻で、連敗。3イニングで満塁機があったが、奪った得点は大山の押し出し四球による1点だけ。気がかりはサンズとボーア、2人の無安打が止まらないことだ。サンズはこれで24打席連続無安打、ボーアは17打席連続ノーヒットとなった。

藤浪、イニングまたぎ裏目。7回に4連打を浴びて3失点。5回2失点で踏ん張っていた秋山を、6回から藤浪にスイッチ。疑問が残る試合。



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

●<阪神4-7巨人>◇3日◇甲子園

完敗。

■完敗。巨人戦9年連続負け越し決定。先発・ガンケル、6回5失点。サンズ5戦無安打に、ボーア7戦1安打。助っ人コンビの打撃不振深刻。

復調兆し? 高山が今季初の適時打。代打・高山が意地の一打を放った。9回一死一、二塁で打席に立つと、真ん中に入った直球を右中間へはじき返した。これで前日2日に続き、2試合連続二塁打。近本、新人から2年連続100安打を達成。今季9号3ラン。節目の一本を、会心の当たりで叩き出した。

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

関連記事