高橋遥、圧巻の投球!

-->

高橋遥、圧巻の投球!

■高橋遥が7回無失点、自己最多11奪三振。左肩のコンディション不良から復帰し、今季初先発となった高橋が、7回3安打無失点の快投で今季初勝利をつかんだ。
「久しぶりに甲子園で投げさせてもらって、思い切ったピッチングができたかなと思います」
と、振り返った。最速150キロの直球を軸に、ツーシーム、カットボール、チェンジアップと、幅を広げた投球術で的を絞らせなかった。矢野監督は、
「期待通り素晴らしいピッチングでした」
と、絶賛した。8回はガンケル、9回は望月が抑えた。連敗を2で止め、同一カード3連敗を阻止した。

湿りがちだった打線も、近本が3回に中前適時打を放って、5試合ぶりに先制に成功。4回には一死一、二塁から二走・梅野と一走・木浪が重盗を決め、植田の右中間2点二塁打で加点した。8回には、中谷の今季1号となる左越えグランドスラムが飛び出すなど、7点を追加。猛打が爆発した。



◆試合中に7回無失点で降板した先発・高橋のテレビインタビューがおこなわれた。オープン戦などでは見られるが、公式戦では異例。5月に矢野監督、コーチ、選手らで行ったファンサービスに関するオンラインミーティングで、コーチや選手から提案があったという。

○<阪神11-0巨人>◇6日◇甲子園

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

●<阪神1-4巨人>◇5日◇甲子園

またまた藤浪援護できず。

藤浪が8回4安打4失点(自責1)で、またも今季初勝利を逃した。見せ場はつくっても、決定打が出ない。大山が4打数無安打、5番・ボーアも4打数無安打。藤浪を3試合連続で見殺しにした。借金は「2」。



 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

●<阪神2-7巨人>◇4日◇甲子園

大敗。ふたたび借金生活。

■打てない、抑えられない、守れない。走塁ミスあり、打ち損じあり、淡泊な攻めあり。大事な首位巨人との初戦に“三重苦負け”で、借金「1」の6差に突き放された。

序盤から苦しい展開を強いられた。先発・ガルシアが序盤、バックスクリーン弾を2発を浴び、主導権を握られた。

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

SNSでもご購読できます。

-->