佐藤輝、走れる4番だ!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

  「奇跡のドラマ」は、打ち切り?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

佐藤輝、走れる4番だ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<阪神6-5広島>◇31日◇甲子園
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大山が2打席連続適時打

■ 打ち合いを制した。2連勝で3カードぶりの勝ち越しを決めた。4―5の5回に大山の適時打で追い付き、7回にロハスの犠飛で勝ち越した。3番手の浜地に3年ぶりの白星がついた。CS圏内を争う広島とのゲーム差は3.5に広げた。

同点の7回、一死満塁からメル・ロハスが右犠飛を放って勝ち越した。一死無走者から近本が中前打で出塁すると、佐藤輝が左翼線二塁打で好機拡大。昨夜に決勝ソロを放った大山は申告敬遠で歩かされたが、続くロハスが
「2ボールカウントだったけどチェンジアップもケアしながらコンパクトに打つことを意識していたよ」
と、右犠飛。三走・近本が快足を飛ばして生還し、勝ち越しに成功した。

打線を引っ張ったのは、この日も大山だった。前日30日、決勝弾を放っている5番打者は、0-1の4回一死一、二塁から左中間を破る同点二塁打。木浪の遊撃内野安打で1点勝ち越し、梅野にも2点中前打が飛び出した。打者一巡で4点を奪って九里投手をKOした。

直後の5回4失点で再逆転されたが、今度も大山の一打で追いついた。その裏二死から佐藤輝が右前打で出塁。今季10個目の盗塁を決め、大山がこのチャンスで中前にしぶとくはじき返した。
「輝が盗塁してくれたのでタイムリーになりました。逆転されて、すぐに同点にできたことはよかった」
快打の直前には、一塁走者の佐藤輝が二盗に成功。プロ初の10盗塁目を生かす大山の一撃になった。その佐藤輝、近本、中野、島田とあわせチーム4人の2桁盗塁は球団40年ぶりの快挙だ。直後の5番・大山の同点打を足でアシスト。チーム方針を貫き積み重ねた数字を誇りに思う。
「走れる時は積極的に狙っていくのが矢野監督の野球のスタイル。1つ、自分の中で目標にしていた2桁盗塁ができたことはよかったですし、去年はできなかったので、めっちゃうれしいです!」

先発の伊藤将は、5回5失点とピリッとしなかった。3回に先頭への四球から失点。打線が4-1と逆転に成功した直後の5回には、3ランを浴びるなど4失点で再逆転を許した。打線がすぐに追いついたため、勝敗はつかなかった。6回以降は岩崎優、浜地、湯浅、ケラーと無失点でつないで逃げ切った。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->