大山、V撃&2戦連続猛打賞!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

   矢野監督、途中休養日はいつ?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

大山、V撃&2戦連続猛打賞!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<日本生命セ・パ交流戦:阪神3-0日本ハム>◇4日◇甲子園
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

青柳、ただいま投手3冠。

■投打の主役の活躍で、2度目の4連勝を飾った。青柳が低めへ丁寧に集める投球で、8回4安打無失点で6勝目を挙げた。打線は今季初の3試合連続二桁安打。4回に大山が先制打を放ち、5回に中野と近本の連続適時打で2点を加えた。

「何でもやってくると思って準備はしていたんですけど、意外と何もなかったですね」
と、リーグトップタイ6勝目を挙げた青柳。BIGBOSSに作戦を仕掛ける隙を与えなかった。ふたたび規定投球回数に到達し、防御率も驚異の0.98でリーグトップに躍り出た。
「本当に調子が良くなかったんですけど、誠志郎のおかげで、内野ゴロや打ち損じが多かったと思う。要所でいいところに投げられました」
不調でも、勘どころを知っていた。2人以上の走者は背負わず、三塁も踏ませなかった。左打者5人の打線に、今年磨きをかけたシンカーが効いた。対照的に地をはうような140キロ台の速球を投げ込み、惑わせた。岩崎、交流戦はや5S 〝3人斬り〟で11S目。

大山は3発を放った前日3日から、2日連続のヒーローインタビュー。4回に、先制&決勝の適時打を決め、
「昨日の勢いのままに、青柳さんが投げているので、まずは1点、先制点を取ろうと思っていたので、取れてよかった」
と、喜んだ。2試合連続の猛打賞で状態が上がってきたかと問われると、
「はい。そうですね。1本でも多くと思って(打席に)立ってますけど、しっかり油断しないように頑張ります」
と、自分に言い聞かせるように話した。

1点リードの5回二死一塁で島田、中野、近本の3連打で2点を追加。直前に青柳が犠打を失敗して二死となってからの得点に、矢野監督も、
「ああいうところで追加点を取ったのは、相手に与えるダメージも大きい。島田もいい味を出してくれていますし、拓夢もチカもいい働きをしてくれている」
と、満足顔だった。1日西武戦を境に、1番から島田、中野、近本の3人を並べ、ここまで4戦全勝。昨季もこの打順では5戦無敗と負け知らずの快足トリオが、上り調子の猛虎打線を支えている。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->