ルー・ゲーリック

ルー・ゲーリック、その偉業!



「今日は、休ませて欲しい。もう十分考えました」
と、大ヤンキース主将・ゲーリックは、1939年5月2日、ジョー・マッカーシー監督に、こう申し入れた。
「よくわかった。引退発表はいつにしたいかね、ルー」
しばらく彼は、監督の顔をじっとみつめ、
「今日だ!」

この日を限りに、「アイアン・ホース」とあだ名され、そのあだ名に値する前人未踏の2130試合連続試合出場はピリオドをうった。

いわゆる「ゲーリック病」と知られるALS(筋萎縮性側策硬化症)が原因だ。専門家によると、ゲーリックがヤンキース入団時より進行がはじまっていたともいう。

引退時の年、球を追えないゲーリックを観衆は目の当たりにした。その前年、ゲーリックは入団以来初の3割をきった。かれらは不調が続いているように錯覚してはいたが、その言葉だけで片付けられない「何か」をようやく感じ取った。

1903年、ドイツ系移民の長兄として、ゲーリックはニューヨークに生まれた。父は飾り職人。家庭は決して豊かではなかった。でっかい体にいつも同じボロをまとい、そのくせおだやかでニコニコと笑顔をたやさない少年であったらしい。それが、周囲のものには、ちょいと「うすのろ」にうつったようだ。

そのゲーリック、スポーツとりわけ野球に関しては出色だった。「建築家になれ」と、両親の厳命もあり、名門コロンビア大学に入学するも野球はすでにプロの域に達していた。あの大監督、ジョン・マグローが大いに関心を寄せていたともいう。

そんな折も折り、両親がともに突然倒れたのだ。彼は大学を中退し、以前から誘いを受けていたヤンキースに入団することになる。そのさいの契約金はすべて両親の入院費用となった。

1年目は、マイナーのハートフォード球団との往復。2年目になって、やっと定着。名将ミラー・ハギンスのお気に入りとなりはしたが、代打ばかりの出場機会が続く。そんなある日、チャンスが突然舞い込んできた。レギュラーの一塁手が頭痛を訴えたのだ。

「でっかいぶきっちょな男をためしてみよう」
と、ハギンスは初の先発出場をゲーリックにあたえた。降ってわいたようなチャンスがやってきたのだ。ゲーリックには、その一試合で十分だった。彼の攻守で魅せたプレーには、素晴らしいものがあった。もうはずせない。1925年6月2日のことだった。彼は、22歳になろうとしていた。

彼の打撃フォームは、ちと変わっていた。どっしりとしたあの太い足で思い切ったワイド・スタンスをとり、打つときのストライドはほんのわずか、そしてあのぶっとい腕で力強くスイングするのだ。

それ以来、彼は足掛け14年間、ヤンキースの主砲として全試合出場することになる。あやうく連続出場が途切れそうになったときがあったが、なんとかショートを守り難をまぬがれた。まあ、これは余談。

その翌年、待望のルース3番、ゲーリック4番の黄金の「ワン・ツーパンチ」が誕生。しかし、全米の野球ファンの注目を浴びる華麗なるルースに比べ、なんともゲーリックは不運な男だったことか。それが不思議と、ゲーリックの野球人生につきまとうことになる。大記録をつくったと思いきや、大事件が発生し、ゲーリックの記録は小さな囲み記事となる。

その好例としてあげられるのは、対フィラデルフィア戦での1試合4打席連続ホームランの大記録達成だ。2本がセンター奥へ、2本がライトスタンド越えだった。マッカシー監督が飛んできて、
「よくやった。今日こそはお前の”ヒーロー”を邪魔する奴はいないぜ」

ところが、いたのだ。その日、あの不滅の監督、ジョン・マグローが引退を表明したのだ。国内の全新聞のスポーツ欄のトップで、このニュースをのせた。ゲーリックの4打席連続ホームランは、紙面の片すみにおいやられてしまったのだ。

このあたり、あの大作曲家・ブラームスに似ていなくもない。いくら傑作を書いても、その上にはベートーヴェンがいる、モーツィアルトがいる、それにシューベルトがいるって具合だ。

1939年7月4日、”ルー・ゲーリックを讃える日”が、もっとも悲しく、そしてもっとも感動的なシーンが、満員の観衆のもと、ヤンキー・スタジアムでおこなわれた。

僚友だったルースらを前に、やせこけたゲーリックはほほをつたう涙をぬぐおうともせず、たよりなげな足でマイクにむかった。
「私は、今日の自分をこの世でもっともしあわせな男と考えています」
この翌年に、ゲーリックは38歳の若さで死んだ。



死後、「プライド・オブ・ザ・ヤンキース」というゲーリックの伝記映画がつくられ、似た風貌の若き日のゲーリー・クーパーが扮した。ルースも特別参加した。

彼の背番号・4はヤンキースの永久欠番になっている。もう一つ、愛用のロッカーはクーパース・タウンの「野球・栄誉の殿堂」に、ユニホームとともに保存されている。

ルースにも成し遂げられなかった三冠王。元祖満塁男がほこるように23本は今でもMLB記録だ。カル・リプケンに抜かれたとはいえ、2130試合連続出場の記録は、今も燦然と輝いている。

参考:『誇り高き大リーガー』(八木一郎著 講談社刊)