高知・森木、憧れは球児!

-->

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メ┃チ┃ャ┃優┃勝┃し┃た┃い┃ね┃ん┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

   〜 独断、スポーツ誌ななめ読み 〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★ 

高知・森木、憧れは球児!

<プロ野球ドラフト会議>◇11日

■ 最速154キロ右腕の高知の剛腕・森木大智投手(3年)は、外れ1位で指名し、交渉権が確定した。高知中で軟式150キロを計測して騒がれたが、ひたむきに夢を追い続けてきた。 武器は、軽々と150キロを超える速球だけではない。ブレーキの効いたカーブやスライダーも、制球がいい。尊敬する投手を問われると、
「自分が野球を始めるキッカケになったのが、藤川球児さん。火の玉ストレートに、一番魅力を感じます」



大学生左腕を、連続で指名した。創価大・鈴木勇斗投手(4年=鹿屋中央)は、2位指名し交渉権を確定した。最速152キロを誇る左腕だが、変化球も魅力。スライダー、カーブ、チェンジアップで組み立てる。173センチと長身ではないが、下半身がどっしりとした84キロ。3巡目で、新潟医療福祉大・桐敷拓馬投手。最速150キロの本格派で、制球力も高い。

まさに甲子園の申し子だ。4位で智弁学園の前川右京外野手を指名。交渉権を獲得した。
「活躍できるよう、しっかり頑張りたい」
高校生では、№1スラッガーの呼び声が高い。同時に、確実性も備える。5巡目で、亜大・岡留英貴投手を指名した。右のサイドスロー気味の位置から繰り出される直球は威力十分で、最速150キロ。即戦力のリリーバーとしての期待がかかる。6巡目は、日立製作所の豊田寛外野手。チームに少ない右打ちの外野手で、俊足、巧打、堅守の3拍子揃った即戦力だ。7巡目は今夏の甲子園で初出場ながら4強入りした京都国際の扇の要、中川勇斗捕手。二塁送球が1・9秒を切る強肩が武器で、打力やリーダーシップにも定評がある。

♦投手4人、外野手2人、捕手1人を指名した。育成ドラフトで投手1人、中京大の伊藤稜投手(21)を指名し、計8人を指名して終えた。矢野監督は、
「いいドラフトができたなと思っている」
と、総括した。



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

●<ヤクルト6-4阪神>◇10日◇神宮

大一番で、痛恨負け越し。4時間19分の死闘も、逆転Vが遠のく1敗となった。 連夜の積極采配はまらず 拙攻、また拙攻。15安打を放つも、今季ワーストの17残塁。あげくは7投手で、9四死球の惨状。ここであきらめるのか。

SNSでもご購読できます。

-->