6月男・大山、連日の大暴れ!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

   矢野監督、途中休養日はいつ?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

6月男・大山、連日の大暴れ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<日本生命セ・パ交流戦:阪神8-3日本ハム>◇5日◇甲子園
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大山、今カード4発目、13号3ラン!

■快勝。日本ハムに3タテを食らわし、5連勝とした。交流戦は8勝4敗とし、単独2位に浮上した。矢野監督は、
「本拠地3連勝、いい形で勝てましたね」
と、納得の表情。5連勝には、
「バッター陣もいろんな形で得点が増え、ピッチャー陣も頑張っている。ぼくたちの野球、走塁もそうだし、手ごたえを感じている」

先発の伊藤将は6回3失点の粘投で、昨季から甲子園5連勝で今季2勝目。大山は今カード4発目となる3回の13号3ランで勝利をグッと近づけた。小野寺暖は1点リードの8回二死満塁から、代打で右中間への走者一掃適時三塁打でダメを押した。
「興奮であまり歓声が聞こえなかったけど、守備につく時、味わったことがない歓声だったので、とてもうれしかった」
一緒にお立ち台に立った大山は、自主トレをともにする師匠だ。
「見習うことがたくさんある。大山さんのようにチームを勝たせる選手になりたい」
ムードメーカーで、屈指のいじられキャラ。優等生的な発言に大山から、
「ちょっと、うっとうしいです。猫かぶってます」
といわれ、場内の爆笑を呼んだ。
「チームは、今絶好調でベンチの雰囲気もいい。このままいい雰囲気でつなげられるようにしたい」

3回二死一、二塁から4番・佐藤輝が右前への先制適時打を放った直後の打席。大山はカウント1-1からの3球目、内角142キロ直球に対して右腕をたたみながら強振。打球は左翼ポール際のスタンド中段付近に着弾した。13発は佐藤輝を追い抜き、チーム単独トップに躍り出た。

伊藤将が75球を投じて6回5安打3失点で、2勝目。
「ゴロアウトもたくさんありましたし、打たせて取るという自分の持ち味を生かした投球ができたかなと思います。ただ、6回に粘り切れなかった点は悔いが残るので、次回に向けての課題としてまたしっかり調整したいと思います」
序盤から低めの制球で持ち味の打たせてとる投球を展開した。

セットアッパー湯浅が、16ホールド目を手にし、巨人今村に並ぶセ・リーグ1位に浮上した。
「1点差でしたが、いつもと変わらず強い気持ちを持ってマウンドに上がりました。しっかり0点で後ろにつなぐことができて良かったです」
これで連続無失点試合を「16」まで更新した。防御率は驚異の0・82。4年目ながら「8回の男」として重責を担いながら、チームの勝利に貢献している。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->