糸原、遥人の好投に奮起!

-->

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メ┃チ┃ャ┃優┃勝┃し┃た┃い┃ね┃ん┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

   〜 独断、スポーツ誌ななめ読み 〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★ 

糸原、遥人の好投に奮起!

■ 完勝。高橋遥の快投に導かれ、引き分けを挟んでの連敗を2で止めた。立ち上がりから抜群の安定感を披露し、7回を10奪三振2安打無四球で無失点。昨年10月24日の巨人戦以来、329日ぶりの白星を挙げた高橋はお立ち台で、
「素直にうれしいです」
三塁を踏ませない内容で、今季初勝利を手にした。
「(ここまで)うまくいかないことがたくさんあった。チームに迷惑かけたので、こうして勝つことができて、少しほっとしました」
上肢のコンディション不良でリハビリを続け、今季一軍初登板となった9月9日ヤクルト戦は4回6失点。雪辱を期したマウンドで、復活を印象づけた。
「いやあ、しびれました」
と、矢野監督もその内容を高く評価した。
「バットに当てさせないのもボールの力、キレがある証拠。本当に持ち味を存分に出してくれた。立ち上がりから前回の反省を踏まえてやってくれた。優勝へのピースとして、遥人が帰ってきたのは、大きな要素のひとつ」
雨天中止となった17日の先発は秋山だった。だが、秋山をスライドさせず、高橋遥を予定通り先発させた。



岩崎が、静岡出身の後輩でもある高橋遥の復活勝利を喜んだ。7回無失点の高橋遥からバトンを託され、1点リードで迎えた8回の1イニングを無失点。完封リレーに決めた直後、
「よく頑張ったんじゃないかなと思います。またやってくれるでしょう」
と、後輩をねぎらった。守護神・スアレスは、リーグ断トツの32セーブ目を挙げた。

糸原、“虎の子”の1点を叩き出した。打線は難敵・大野雄に苦しめられながら、両チーム無得点で迎えた6回一死二塁、3番・糸原の一塁線を破る適時二塁打で決勝点をもぎ取った。
「動かしたいけど、動かす状態の選手がなかなかいないんで」
と、その糸原、先制V打を含む3打数3安打の活躍を見せた。
 「遥人が本当に頑張ってくれていますし、チカや中野が必死に繋いでくれたので、何としても先制するという気持ちで打席に入ました。自分の仕事ができて良かったです」
好調・近本は、貴重な1本から決勝のホームを踏んだ。先頭で、大野雄のスライダーを右前へ。中野の犠打で、二塁進塁後、糸原の適時二塁打で、本塁生還した。価値ある出塁で、勝利を呼び込んだ。

♦矢野監督、藤原オーナーの続投要請に、
「ありがたく思っています。あとは今、1試合1試合が大事」
長期政権すら見えた。

○<阪神1-0中日>◇18日◇甲子園



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

「阪神(台風接近のため中止)中日」(17日、甲子園球場)

台風14号接近により午後0時40分と比較的早い時間に、中日戦(甲子園)の中止が決定。

SNSでもご購読できます。

-->