待ってたで、代打・梅野、V打!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

   矢野監督、途中休養日はいつ?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

待ってたで、代打・梅野、V打!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<阪神6-4中日>◇24日◇甲子園
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

湯浅、嬉しいプロ初勝利

■ 甲子園で、息を吹き返した。シーソーゲームを制して、連敗を3でストップ。4位に浮上した。同点の8回二死満塁から代打・梅野が決勝の2点打を放った。
「ファーストストライクを思い切りいけたというのはよかった。ボール先行だったので、甘い球はと思って。狙った球が三遊間にいったのでホッとしている」
今季代打5打席目で、初打点。4-4の同点で迎えた8回。佐藤輝、大山が連打などで二死満塁の絶好機をつくった。代打で登場した梅野がしぶとく三遊間を破り2点適時打、勝ち越しに成功した。

マスクをかぶった9回表には守護神・岩崎がいきなり無死一、三塁のピンチをつくるが、1つずつアウトを重ね無失点で締めた。チームの連敗は、3でストップ。負ければ、ふたたび最下位転落の危機で踏ん張った。6月は12勝5敗で、今季初めて月間で勝ち越した。梅野は、
「負けたり、引き分けたりとしんどかった。チームとしてこの1勝は大きい」
と、声を弾ませた。久しぶりにお立ち台で、
「明日も、勝つバイ」
と、ファンとともに右手を突き上げた。

先発の青柳は先制の2点打を放つなど、自らを援護するも、7回⅓を投げ9安打4失点。リードを守り切ることができなかった。8回、一死二、三塁のピンチを背負うと、1点をかえされ、さらに二走者もホームへ突入。中堅手・近本から好返球でタイミングはアウトも、この送球を捕手・坂本がファンブル。痛恨のミス。
「あれを捕ってアウトにしてこそ、誠志郎だっていわれると思う」
と、矢野監督はより高い次元でのプレーを求めた。

一死二塁でマウンドを託された2番手・湯浅が、後続を断ち流れを渡さない。9回は岩崎が無死一、三塁のピンチを背負うも、無失点で切り抜けて逃げ切った。その湯浅、プロ4年目で待望の初勝利をつかんだ。お立ち台でウイニングボールを持参。ぎゅっと握りしめて、気持ちをストレートに表現した。
「素直にうれしいですし、リハビリが長かったので。本当にすべての人に感謝したいなと思います」
ビッグプレーで、8回の勝ち越し劇の流れをつくった。5球目。一塁側への痛烈な当たりを反転してキャッチすると、二走者の飛び出しに反応。三塁・糸原に送球した。
「冷静に判断して、準備をしっかりしていた。アウトに出来て良かった」

キラリ猛打賞、佐藤輝。大野雄キラー、2H。いずれのヒットも、得点につなげた。
「自分なりに(配球を)読みながらは立っていました。いい投手なので『どんどん振っていって、追い込まれる前に』とミーティングでも言われていました」

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲<広島3-3阪神>◇23日◇マツダスタジアム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■決め手欠いて引き分け。8人継投の総力戦で意地を見せた。リリーフ陣が懸命にバトンをつなぎ、接戦の末に引き分けに持ち込んだ。3-3の同点で迎えた延長12回は、リフレッシュ調整から帰還した守護神・岩崎優が登板。二死満塁の大ピンチを招いたが、最後は直球で押し込んだ。これで広島に対しては開幕から11戦勝利なしとなった。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<広島5-4阪神>◇22日◇マツダスタジアム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■佐藤輝は開口一番、
「悔しいー!」
と、声を張り上げた。サヨナラ負けし、開幕からこのカード1分けを挟んで9連敗となった。佐藤輝は7回に同点打を放って、延長に持ち込み、10回には勝ち越しの二塁打。しかし、その裏にアルカンタラが同点ソロ、回をまたいだ11回にサヨナラソロを浴びた。3連敗で、首位ヤクルトと14・5ゲーム差。これは過去にあったプロ野球の逆転Vの最大差で、奇跡へのデッドラインといえる。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<広島5-3阪神>◇21日◇マツダスタジアム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■なぜか広島に勝てない。今季8敗1分けとなり、未勝利が続いている。また、この日の敗戦で広島と入れ替わって4位に転落した。大山が7回に意地の18号2ラン。

先発・西勇輝が初回から失点。0-1の4回には5安打を集中されて突き放された。今季の広島戦は2試合とも試合を作っていたが、今回は踏ん張り切れなかった。中13日での先発だった。雨でぬかるんだマウンドを気にするそぶりもあり、本調子は出せなかった。

新外国人・ロドリゲス加入も、「使うポジションがない」。チェン・ウェイン投手は21日、戦力構想から外れ、事実上の退団が決まった。この日、球団からウェーバー公示の手続きを行うことを通達された。22日にウェーバー公示され、そこから1週間以内に獲得を希望する球団がなければ、自動的に自由契約選手となる。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->