西勇、圧巻の投球!

-->

西勇、圧巻の投球!

■投打の主力が、躍動。巨人4連戦初戦、勝利。先発・西勇が、8回を1失点で8勝目。
「こうやって首位をたたいて(カード)頭を取るってことは、すごくいいことかなと思います」
マウンドで何度も雄たけびを上げ、気迫を見せた。公式戦通算1500投球回を達成。
「長く投げないと取れない数字だし、歴代いろんな先発の方が何人もクリアしてきたなかで、最低限クリアしたい数字だった」

大山が、先制の23号ソロ。「サンケイスポーツ」によると、
「なんとしても先制点が欲しかったなかで、自分のスイングをすることができ、先制点を取ることができてよかったです」
2回、フォークをとらえた。打った瞬間、本塁打と確信する完璧な打球で左翼席まで運んだ。



ノリノリ糸井、2点追加の値千金打。小幡のひと振りからはじまった。5回、1点リードの展開。先頭で打席に入ると、内角低めフォークを巧みなバットさばきで中前へ。技ありの一打を、
「たまたまです」
とおどける。プロ初の猛打賞だ。コロナ禍による木浪の離脱で巡ってきたチャンス。
「遠慮せずに、このままレギュラーをつかめるように頑張ります」
糸井の2点加点打の呼び水になった。

2点差に迫られた8回には、一死から代打・高山が右翼線を破る二塁打でチャンスメーク。続く近本がこの日2本目のセーフティーバントを決め、悪送球が絡んで4点目。近本の足で攻めた。最終回はスアレスが締めて、リーグトップを独走する19セーブ目。

藤浪が中継ぎ起用で、輝きを取り戻してきた。次は、高山だ。

◆二軍施設を鳴尾浜から尼崎へ、移転検討。

○<阪神4-1巨人>◇2日◇甲子園



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

SNSでもご購読できます。

-->