青柳、熱投!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

   矢野監督、途中休養日はいつ?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

青柳、熱投!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<巨人2-3阪神>◇29日◇東京ドーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

佐藤輝、特大7号先制2ラン!

■ 投打の軸が活躍し、さらに勢いに乗った矢野・阪神。4連勝。
「いやー、最後もうね、ヤギに託しましたけど、めちゃくちゃうれしいです」
青柳、自己最多129球で初の2戦連続完投3勝。
「最初テルがホームランを打って、点をもらったんで楽に投げられました。なんとかリリーフを使わずに投げられたので、すごい良かった」
執念で、自己最多の129球を投げ抜いた。3回まで1安打と、抜群の立ち上がり。5回は味方守備の失策もあり、21イニングぶりに失点を許すも、最少失点で踏ん張った。6回以降も両サイド、低めを丁寧に突き、凡打の山を築いた。
「昨日までの2連戦は中継ぎが頑張ってくてれていたので、少しでも長いイニングを投げようと」

佐藤輝&大山がアベック弾。佐藤輝の特大の7号2ランで先制した。高弾道で放物線を描き、打った瞬間に“確信歩き”する完璧な一発。3回、青柳が左前打で出て二死一塁となって、菅野の2球目だった。143キロの高めの直球を完璧にとらえ、右翼バルコニー席まで運ぶ推定130メートル弾。
「打った瞬間いったかなと思ったので。甲子園じゃなくてよかった。あれはさすがに甲子園でも入っていると思いますけど、でも何本も損しているので」
と笑った。巨人・菅野との対戦ではこれで2戦連続のアーチ。昨季は安打すら放てなかった相手エースからの連続弾を、
「成長ということでいいでしょう(笑い)」
と振り返った。

大山、3試合ぶりに「4番・一塁」で先発出場。4号ソロを放ち、巨人を突き放した。2-1の8回にまわってきた4打席目。138キロの甘く入ったスライダーを左翼スタンド上段まで運び、5試合ぶりのアーチを描いた。左足の故障から3試合ぶりに復帰。
「狙い球を絞って、しっかり自分のスイングができたと思います。ヤギさんも頑張ってくれていましたし、追加点を取ることができて良かったです」

★ 近本が、2度のスーパープレーでチームを救った。いったい何点を防いだのか-。あるときは斜め前方へ、またあるときには後方へ走って飛んで、近本が中堅守備の美技で計り知れない貢献だ。

2-0の5回。青柳が先頭打者に右前打を許すと、続いて二ゴロを併殺を狙った小幡が二塁へ悪送球。無死一、三塁となり、の一ゴロで1点をかえされた。二死一塁から、吉川の大飛球に背走して、ジャンプ。フェンスに激突しながらも白球をグラブからこぼさず、笑顔をみせた。これには、青柳も、マウンドで手をたたいて賛辞。2回にも、岡本和の打球をスライディングキャッチ。この日、2度目の超美技に大きな拍手に包まれた。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->