ボーア満塁弾で、今季初連勝!

-->

ボーア満塁弾で、今季初連勝!

■今季最多の1試合3本塁打。ボーアが来日2号の決勝グランドスラムを放った。すさまじい打球音が、無観客のマツダスタジアムに響き渡った。グランドスラムを確信したボーアが、ゆっくりと走りだす。
「最高の仕事ができて良かったね」
三塁ベースをまわったボーアが右手を突き上げた。3試合ぶりの2号は、決勝の満塁弾になった。豪快に“呪い”を解いた。チームとして、満塁機では開幕から9打席目での初安打。ボーア自身も、過去3打数無安打1三振と“金縛り”にあっていた。



大山も、今季初の4番起用に2試合連続アーチで応えた。3点リードの5回。一死一塁、追い込まれてから115キロカーブにうまく反応した。
「しっかりいいスイングができました」
前日4日に左ふくらはぎに張りを訴えて途中交代したマルテが、ベンチを外れたことで代役を任された。サンズも5回に2号ソロを放ち、ボーアの満塁弾と合わせて今季初の1試合3本塁打で広島を打ち砕いた。

◇西勇が、今季3戦目の先発で初勝利をつかんだ。「サンケイスポーツ」によると、
「流れを感じながら、チームの得点も意気に感じて、最少失点で切り抜けるように頑張っていました」
と、笑顔でマウンドを守った。8回6安打3失点の力投で、122球、エースの責任感。
「ほっとはしないです。次が大事ですし。3戦、ゲームをつくれていると思いますんで、スキを出さないようにやっていきたい」
試合後、笑みはなかった。

○<広島3-8阪神>◇5日◇マツダスタジアム

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

SNSでもご購読できます。

-->