でかした伊藤将、8勝!

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

   矢野監督、途中休養日はいつ?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

でかした伊藤将、8勝!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<巨人1-3阪神>◇3日◇東京ドーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

鉄壁救援陣、連夜のG斬り0封リレー

■ 接戦をものして連勝。今季最多の貯金3とした。巨人戦は5カード連続勝ち越しとなった。

打線は戸郷に対し、3回二死二塁で1番・中野が中前にはじき返して先制。真っすぐ放たれた白球が外野で弾む。中野は塁上で右手を高く突き上げた。難敵からもぎ取った先制点。これが虎の勝利を決定的にした。
「1打席目に高めの真っすぐでやられていましたし、個人的には真っすぐをちょっと詰まってもいいぐらいの感覚。イメージ通りではないですが、いい高さに来てくれて、いい感じで詰まれた」
3回死二塁の好機だった。戸郷の147キロ直球に詰まりながらも、中前に運んだ。これが天敵・戸郷から今季20イニング目にして初めて奪った得点だった。

5回一死では、梅野も高めの146㌔直球を完璧にとらえ、左翼席に運んだ。梅野の迷いのないフルスイングが、ゲーム展開も、白球も豪快に持っていった。伊藤将をリードする上でもノドから出るほど欲しかった次の1点を、自らの3号ソロでたたき出した。
「もう本当に将司が頑張ってくれているので、少しでも楽に投げさせてあげたいと」

投げては、2試合連続で完封していた伊藤将がコースを丁寧に突く投球で、5回まで無失点。6回こそ右中間ソロを浴びたが最少失点でしのぎ、6回4安打1失点で救援陣にバトンを託した。球団史上初の巨人戦3試合連続完封にのぞんだ、敵地での一戦。惜しくも達成ならず、ヒーローインタビューでは、
「完封したかったんですけど、残念でした。フフッ」
言葉とは裏腹に、チームの勝利に思わず笑みがこぼれた。持ち味の制球力がさえた。投球の間合いを変えながら、両サイドを鋭く突く直球にツーシーム、カットボールなど変化球を徹底して低めに集めた。伊藤将は、7連勝の8勝目。

7回以降は浜地、湯浅、岩崎がいずれも無失点でリレー。湯浅は、リーグトップのホールド数を節目の「30」とした。
「開幕前から立てていた一つの目標だったので、達成できたことは素直にうれしい。少しでも自信にはなる」
と喜んだ。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->