藤浪、次は先発本格復帰!

-->

藤浪、次は先発本格復帰!

■4連勝。藤浪、4回1失点。最後は、球児が締めた。大山が2本の適時打で3打点を稼ぎ、熾烈(しれつ)な打点王争いに食らいついた。打点数も、一気にキャリアハイ更新となった。近本、今季5度目の4安打。打率・293残り10戦、初3割へラストスパート。

「やっぱり先発したいっていう気持ちは自分のなかで強いので、ゲームの最初から投げるのは久しぶりだったので良かったと思います」
いよいよ先発に本格復帰だ。藤浪がブルペンデーの中日戦(甲子園)で9月13日以来の先発マウンドに上がり、4回1失点と好投。チーム内のコロナ禍の影響もあって中継ぎに配置転換されて以来、結果を積み重ねてきた豪腕に、矢野監督は次回先発起用を明言した。



球児、9回二死から甲子園のマウンドへ。「あと1人」の大声援が後押し、145キロ直球で一邪飛に抑えた。大山から勝利球を受け取り、最高の笑顔だ。
「本当にありがたいことに歓声をいただいていたので、何かを感じてもらえたらと思いますね」
15日に再昇格してからは3試合連続無失点。戦う姿を遺憾なく発揮している。

岩貞がブルペンデーで今季6勝目を飾った。5回から2番手で登板。
「0点で抑えることができて良かったです」
と、1イニングを3者凡退に抑えた。その裏に、味方の反撃で勝ち越し。
「晋太郎が頑張って投げてくれましたし、自分もチームの勝ちに繋がるようなピッチングをするという気持ちで投げました」
と振り返った。



◆上本が退団へ。生え抜き34歳タテジマに別れ…来季構想外、現役続行へ意欲。

○<阪神9-1中日>◇28日◇甲子園

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

SNSでもご購読できます。

-->