佐藤輝、球宴ファン投票中間発表で12球団最多得票!

-->

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メ┃チ┃ャ┃優┃勝┃し┃た┃い┃ね┃ん┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

   〜 独断、スポーツ誌ななめ読み 〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★ 

佐藤輝、球宴ファン投票中間発表で12球団最多得票!

■ 接戦を制して、貯金をふたたび「16」に戻した。ヒーローは今季初スタメンで2打席連続適時打を放った北條だ。
「チャンスで回ってこい、という気持ちで待っていました」
燃えに燃えていた。左足首負傷から復帰。この日出場選手登録されて「2番・二塁」で先発した。3回裏二死二塁、三遊間を破る先制打。1点リードの5回裏一死一、二塁でもふたたび三遊間を破った。矢野監督が、昇格して即日のスタメン起用に2本のタイムリーで応えた北條について、
「今日が特別とは思っていないよ」
と、持っている力を発揮しての活躍だったと評価した。



投手陣は先発の秋山が6回途中1失点と試合をつくり、自身3連勝でチーム最多タイの5勝目をあげた。8安打を浴びながら要所を締め、5回2/3 6奪三振1失点でチームトップタイの5勝目を挙げた。
「先制点だけ与えないように、粘り倒してやろうと思って」
と、言葉通りの投球で勝利に導いた。

岩貞がピンチを救った。1点差に迫られた直後の6回二死二塁で、登板。
「気持ちで投げました。0でつなぐことが出来て良かったです」

◆ 佐藤輝は、能見から右前打を放つなどマルチ安打の活躍。「マイナビオールスターゲーム2021」(7月16日・メットライフドーム、同17日・楽天生命パーク)のファン投票の中間発表が2日から始まり、が外野手部門で両リーグ最多得票を獲得した。
「すごく驚きましたけど、素直にうれしいです」
と、喜びを隠せない。投票期間は20日までで最終結果は28日に発表されるが、12球団最多得票で選出されれば新人選手では史上初の快挙となる。

中野、前夜ミス…「8番降格」も、走攻守で汚名返上。こちらも、ファン投票中間発表で遊撃手1位だ。

※新外国人・ロハスが2日、二軍に降格した。

○<日本生命セ・パ交流戦:阪神2-1オリックス>◇2日◇甲子園



☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆

●<日本生命セ・パ交流戦:阪神2-5オリックス>◇1日◇甲子園

西勇が7回5安打2失点と好投するも、白星はならなかった。同点の8回二死一、二塁で、2番手の岩崎が、勝ち越し適時打を許した。必勝パターンの継投が崩れ、競り負けた。

SNSでもご購読できます。

-->