「熱狂的なファンです」、近大・佐藤!

-->

出た、矢野ガッツ!

「なんといっても、ファンが熱狂的」
と、阪神ファンの印象を語った佐藤。ルーキーイヤーの誓いとして、
「1年目から(一軍で)やっていけるように。ケガは気をつけてやっていって、新人王を獲れたら一番いいかなと思います」
近大の佐藤輝明内野手(21)が喜びを口にした。
「僕自身も小さい頃とか甲子園に行っていたので、逆の立場というか地元の子どもたちに観に来てもらえたらいいかなと思います」
矢野監督から、
「子どもたちに夢を与えるような選手に」
と、期待された佐藤。
「走攻守でスケールの大きい選手になりたいと思います」
と、活躍を誓った。プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(26日、都内ホテル)4球団競合して近大・佐藤輝明内野手の交渉権を確定した。喜びを爆発させた矢野監督は、
「もうね、地元の選手やし、俺も球団もそしてタイガースファンも、みなさん喜んでくれるのでね。佐藤君がタテジマ着て、プレーしてくれる日を僕らも楽しみにしてるのでね。タイガースファンも待ってるのでね。早く会いたいなと思います」
“歴史的大仕事”をやってのけた。佐藤は三塁と外野を守れる。ただ、大山がいるため、矢野監督は外野で起用する方針だ。
「うちにハマるのであれば、外野になってくる。外野をずっとやっていたしね」
将来は、現在リーグ本塁打王・大山との切磋琢磨(せっさたくま)を願う。



JR東日本・伊藤将司投手を、2位指名。成熟された名門のエース。直球のMAXは145キロながらも、チェンジアップやカットボール、ツーシームを駆使する投球術は高く、プロスカウトの間でも、「左打者の内角へツーシームを投げられる左投手はプロ野球でも少なく貴重」、との声も上がっている。
「三振にはこだわりたい。1年目から先発ローテ入りを狙います」
“能見2世”の期待がかかる左腕が、力強く宣言した。即戦力としての期待も高い。

3位、佐藤蓮投手(上武大)。4位、栄枝裕貴捕手(立命館大)。5位、村上頌樹投手(東洋大)。6位、中野拓夢内野手(三菱自動車岡崎)。7位、高寺望夢内野手(上田西)。8位、石井大智投手(BC高知)。育成1位、岩田将貴投手(九産大)。



◆ドラフト総括: 谷本球団副社長、「ほぼ想定通り」

SNSでもご購読できます。

-->