大活躍、佐藤輝、伊藤将!

-->

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

め┃ち┃ゃ┃優┃勝┃し┃た┃い┃ね┃ん 
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

   〜 独断、スポーツ誌ななめ読み 〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

佐藤輝、伊藤将、新人コンビが大活躍!

■ 佐藤輝が、2打席連続で弾丸ライナーの超低空適時打で勝利に貢献し、“4番”の役割を果たした。
「ランナーがいる場面で、しっかり打点を稼ぐことができたので良かったです」
「テルシフト」を強烈な打球でぶち抜き、4回に先制点、5回は追加点をもぎ取った。4番として2安打2打点と仕事をこなし、これでリーグ単独トップの28打点。近本V打、先制呼ぶ二盗も。5月絶好調・444。今季デーゲーム13連勝で、最多タイの貯金「13」とした。

連日活躍するルーキーに対して、矢野監督は、
「毎日のことなので、別にびっくりもしない」
と、もはや特別視していないようで、
「勝ちに貢献したり、相手に与えるダメージというのもあったなかのヒット。内容としてはすごくいい」
と、その仕事の中身を評価した。それにもまして、
「ただいま阪神の佐藤選手の打席です。打球が場外まで飛ぶことがございますので、ご注意ください」
球場の外野後方では佐藤輝が打席に入ると、注意を呼びかけるアナウンスがはじまる。ハマスタの新しい名物誕生となりそうだ。注意喚起!?



伊藤将が、開幕から無傷の3勝目を笑顔でつかんだ。
「今日は最高の誕生日ですし、両親も喜んでくれていると思います」
と、笑顔のヒーローインタビュー。この日が、25歳の誕生日だった。球団新人では、84年池田親興以来37年ぶりの快挙をひょうひょうと成し遂げた。

6回まで毎回の6安打を浴びながら、8回1失点。3回から解禁したカーブで、DeNAに攻略の隙を与えなかった。矢野監督も、
「緩急、コーナーワーク、高低。ビックリするような速さはないけど、それを速く見せるようなものは将司は持っている」

◆新外国人ロハス・ジュニア外野手のデビュー戦は4打数無安打に終わった。この日出場選手登録され「6番・右翼」で先発。左右両打席に立ったが、1併殺打2三振を喫した。二軍で経験していない右翼守備は無難にこなし、
「やっとタイガースファンの前で、プレーすることができた」
この日はマルテが3番、サンズが5番で外国人野手3人がスタメンに並んだ。矢野監督は、
「使っていきながらになるけど、外国人選手の枠があるんでね」、
と、説明。ガンケルが先発する9日DeNA戦は、1度ベンチ外となる見込み。

○<DeNA1-4阪神>◇8日◇横浜

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

佐藤輝、新人最速10号!

●<DeNA12-6阪神>◇7日◇横浜

自慢のブルペン陣が打ち込まれた。6-6と追いついた直後の7回。4番手でマウンドに上がった小林が苦悶(くもん)の表情を浮かべた。カウント3-1からの5球目149キロを左翼席へ運ばれた。この試合まで12試合で自責1と安定感を誇っていた右腕が、その後も一死しか奪えず4失点で降板すると、代わった小野も1点を失った。終盤に自ら流れを手放す形で連勝は4でストップ。

先発チェンが誤算だった。3回まで無安打無失点だった助っ人左腕が4回、落とし穴にはまった。先頭に四球を与えると、そこからまさかの4連打。3回1/3を4失点KO。
「ボールが高いのがやっぱりね」
と、指摘した矢野監督は、
「1度(出場選手登録を)抹消する。ロハスを上げる」
と明かした。

■ 佐藤輝、ドラフト制後の新人で最速となる33試合目で、右翼席上部「業務スーパー」の看板にぶつかる10号本塁打。4回に、右翼席最上段へソロ。主将大山が背中の張りで離脱する中、前回2日は体験入部だった「4番・三塁」で頼もしい一撃を披露。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



藤浪が復調へ、新たな引き出しに手をかけた。6日のウエスタン・リーグ中日戦(ナゴヤ球場)に先発し、5回を2安打3奪三振3四球1失点と粘投。
「全体的にはバランスよく投げられたかと思います」
今季はワインドアップ投法を軸にしてきたが、この日は無走者時にノーワインドアップで投げ続けた。

◆ 大山が6日、背中の張りのため、出場選手登録を抹消された。2日広島戦(甲子園)で今季初めて欠場すると、前日5日のヤクルト戦(神宮)では4回裏に途中交代していた。矢野監督は、
「めちゃくちゃ時間がかかるということは今のところないと思う。最短で帰ってくるということを目指しながら」
と、見通しを語った。

▲<ヤクルト2-2阪神>◇5日◇神宮

岩崎が、10試合ぶりに失点を喫した。

SNSでもご購読できます。

-->