決めた、大山! 魔球タイムリー三塁打

┌ \ ☆ 球団史上屈辱的数字並ぶ ☆/ ┐

   矢野監督、途中休養日はいつ?

  ★スポーツ紙、ななめ読み★

└───━•♠︎•♥︎────♦︎•♣︎•━─────┘

決めた、大山! 魔球タイムリー三塁打

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○<中日2-5阪神>◇2日◇バンテリンドーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

伊藤将、またまた竜退治!

■ 快勝。矢野監督は4回の攻撃の前に、円陣で異例の活を入れた。それまでに2失策が出たことで、
「かっこいい野球じゃねえだろって。もっと締まったかっこいい野球しようぜ」
連敗を、4でストップ。大山の適時打などで3回に一挙4点。先発伊藤将が7回2失点で5勝目を挙げた。3回に味方が4点を援護。6回まで無失点で粘り、7回に2点を失ったが先発の役割を十分に果たした。ヒーローインタビューでは、
「連敗が続いていたので、何とか止めたいという気持ちが強かったので、止められてよかったです」
と、チームの連敗を4で止めたことを喜んだ。湯浅は、前日決勝2ランを浴びたA・マルティネスに、8回の先頭でふたたび対決し、152キロ直球で空振り三振。
「やられた分はやり返す気持ちだった。三振が取れてよかった」
と、リーグ単独22ホールドににっこりだ。守護神・岩崎優が、信頼回復の15セーブ目をマークした。湯浅&岩崎、そろって出直し1回無失点。近本、28試合連続安打。桧山に並ぶ球団歴代2位、日本記録まで「5」。

3回二死三塁から島田が、右前適時打で先制。
「昨日、一昨日とチャンスの場面で打てていなかったですし、きょうは野手で投手を楽にさせてあげようという風に話していたので、それがいい結果となってよかった」
と、声を弾ませた。さらにその後、二死満塁では大山に走者一掃の三塁打も飛び出し、
「将司を援護することができてよかった」
この回、一挙4得点で突き放した。白球を覆う空気の層が摩訶(まか)不思議な回転を与えていく。来そうで来ない。前後左右の判断も、ギリギリまで決めきれない。中前への打球は不規則な変化をして名手・大島も捕球できず、満塁の走者を一掃する適時三塁打となった。

★ドラ1・森木が甲子園初登板で6回無失点9奪三振、自己最速タイ155キロをマーク。「ウエスタン、阪神-オリックス」(2日、甲子園球場)
高山俊が右膝蓋骨骨折、6月29日二軍戦で自打球が直撃。
◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<中日3-1阪神>◇1日◇バンテリンドーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

再び最下位転落の危機。湯浅が、痛恨のプロ初被弾で3敗目を喫した。マウンド手前でしゃがんだまま動けなかった。5番・大山が急降下が心配だ。近本、球団単独3位の27試合連続安打、プロ野球では歴代11位タイになった。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<DeNA6-5阪神>◇30日◇横浜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

岩崎誤算

■ 逆転サヨナラ負けし、5位に転落した。最大4点差をひっくり返したが、5-4の9回に守護神の岩崎が2失点と誤算だった。リフレッシュ休養明けの岩崎に不安定な内容が続くのが気掛かりだ。登板した4試合すべてで安打を許し、得点圏に走者を背負っている。DeNAにシーズン2度の同一カード3連戦3連敗は22年ぶりという屈辱となった。

主砲の佐藤輝が14号ソロ。お目覚めの一発は、55打席ぶりのアーチ。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<DeNA4-2阪神>◇29日◇横浜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■連夜の逆転負け。先発・ガンケルは細かい制球を欠き、4回4失点で降板した。今季5敗目に、
「今日はすべての球種にキレがなかったよ」
佐藤輝、
「くっそー!悔しいです」
初回先制打も三回勝ち越し好機に遊飛。近本、球団歴代4位のバースに並ぶ25戦連続安打。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<DeNA6-2阪神>◇28日◇横浜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■6月の最終カードの“頭”をとれず、上昇ムードが一気にしぼんだ。しかも、リーグ戦再開して以来、主戦の西勇が勝てないのは気になるところだ。初回に2点を先制したが、その後は打線が沈黙。西勇が今季ワースト6失点と打ち込まれ、6敗目。近本が自身の連続試合安打記録を「24」に伸ばし、球団歴代5位の和田豊に並んだ。

◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖◆◆❖◇◇❖

SNSでもご購読できます。

-->