西勇、100勝達成!

-->

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メ┃チ┃ャ┃優┃勝┃し┃た┃い┃ね┃ん┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

   〜 独断、スポーツ誌ななめ読み 〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★ 

西勇、100勝達成!

■ これぞエースだ! 球児氏はツイッターを更新し、
「虎が来た!!間違いない…」
とつぶやき、フォロワーに応じる形で、
「西が、キーやったんよ」
と、説明した。西勇が自らの投球で、苦悩の日々に終止符を打った。ゲームセットが決まると、少年のような笑顔で仲間たちと喜びを分かち合った。ようやくつかんだ84日ぶりの白星。



先発の柱が待望の1勝を挙げ、勢いが再加速する。西勇が5回1失点の好投で、史上140人目の通算100勝を達成した。大台に7度足踏みが続いていたが、ヤクルト3連戦で28失点した苦しい台所事情を救う“8度目の正直”で5勝目。チームの両リーグ60勝一番乗りを導き、2位チームに約2カ月ぶりに3ゲーム差をつけた。

100勝記念のボードを手渡されると、西勇はほっとしたように笑みを浮かべた。
「チームのみんなが、毎試合毎試合声かけてくれて、なんとか『100勝をつけてあげたい』という気持ちが伝わってきました。もり立ててくれた野手の方々に感謝です」

10試合ぶりに先制した。初回、1番・近本が左翼線二塁打で出塁すると、中野がバントで送って、一死三塁の好機。ここで3番・糸井の二ゴロの間に8月29日・広島戦(マツダ)以来となる先制点を奪った。6回の攻撃では、一死満塁から西勇の代打で打席に立ったサンズが、中前へ勝ち越しの適時打を放った。勝負どころでサンズを指名した矢野監督も、
「ジェリーしか(いない)というか、何とかしてくれるだろうと思って送り出した」
勝負強さを、ひと振り稼業でも証明してみせた。

矢野監督が勝負どころの6回の攻防で、要求した2つのリクエストで判定が覆った。いずれにも絡んだ糸原の走塁と守備も、チームに貢献したプレーといっていい。
「確信があるわけじゃないけど。でも俺のなかでは、ビデオ判定しても全然おかしくないようなタイミングに見えたんで」
と、会心だった。

矢野監督が、二軍降格となった佐藤輝にエールを送った。
「何もへこむことなんか、何もないし、まだまだ試合も続くし、あいつの野球人生なんて、まだ第一歩踏み出したところなんだから」
と、前向きに語った。本人とも直接話をしたという。
「落ちてしまった悔しさはもちろんありますけど、これをまた成長するチャンスだと思って、しっかり取り組みたいと思います」
と、佐藤輝。藤浪も、今季3度目の登録抹消。前夜は、161キロ計時も三者凡退後急変3四球。

○<広島1-4阪神>◇10日◇マツダスタジアム



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

●<阪神3-13ヤクルト>◇9日◇甲子園

上肢のコンディショニング不良だった高橋遥が今季初登板初先発だったが、味方の拙守も重なり初回に5失点。4回6失点で今季初黒星となった。4回には3点を奪い2点差に追い上げたが、中継ぎ陣がつかまり、大敗となった。負け方が悪すぎる。

2戦連続で欠場していた佐藤輝は、6回途中から右翼の守りで途中出場したが2打席とも三振。35打席無安打が続いている。プロ初二軍降格へ。藤浪も、二軍降格濃厚。2イニング目に3四球、暴投…突如乱れ降板。

SNSでもご購読できます。

-->