殊勲打、代行キャプテン・北條!

殊勲打、代行キャプテン・北條! 

■7回に試合をひっくり返し、ふたたび貯金を「1」とした。1点を追う7回。一死満塁で、北條が左越えの逆転の3点二塁打。さらに、サンズが中前適時打で突き放した。

ナゴヤドームで昨年からの連敗を、4で止めた。矢野監督は苦手とする大野に、大幅な打線組み替えを敢行。好相性の陽川を、プロ初の1番で起用する“奇襲”に出た。さらに今季初先発の中谷や、植田ら8人の右打者を並べた。

「前の打席にチャンスをつぶしてしまったので、ここしかないと」
と、キャプテン代行の北條。1点を追う7回一死満塁。3四球で巡ってきた逆転機に燃えていた。勝負どころは逃さない。直球をたたき、ライナーで左越えの走者一掃の3点二塁打。北條は小さく拳を握った。

主軸は、3番に好調のサンズ。4番には大山、5番にスタメン復帰となったボーアを起用。大山は、4回にソロ本塁打を放つなど2安打した。
「打ったのは、スライダー。良いスイングができているなかで、狙い球を絞って思い切ってスイングをすることができました」
福留、糸井の両ベテランを外す飛車角落ちでも、勝利への執念を見せた。



奮投、青柳。リーグトップタイの4勝目。先発・青柳が6回2安打2失点と好投。逆転した直後の7回は馬場、8回岩崎、9回スアレスとつないで逃げ切った。青柳がリーグトップタイの4勝目。馬場、踏ん張って4ホールド目。スアレズは5セーブ目を挙げた。

「立ち上がりからボールが先行してしまい、無駄な四球を出してしまいましたが、そこから何とか修正することができました」
2回に2点を失った後、3回以降は立ち直って一人の走者も許さなかった。代打を送られた7回に味方が逆転して白星を手にし、
「野手の方々に感謝です」
と喜んだ。

◆北條、キャプテン代行。人生で初めての主将だという北條。矢野監督からは、「健斗が帰ってくるまでやってくれ」
と、言われたという。
「そこまで考えすぎると、自分らしくなくなると思うんで。自分らしくいつも通り元気出してやろうと思っています」

<中日2-5阪神>◇24日◇ナゴヤドーム

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

●<阪神2-4広島>◇23日◇甲子園

藤浪、まさか満塁被弾に泣く!

■逆転負け。藤浪が広島戦で今季初登板初先発した。快投一変、6回逆転満塁弾を浴び、7回途中4失点、6四球で敗戦投手。矢野監督は、
「晋太郎らしく腕を振って投げてくれた。(6回は)勝負にいった結果なので仕方がない」
と、納得した上で、再チャンスについて、
「もちろん先発させる」
と、明言。まずは“半歩”踏み出した。球児、復帰即1回0封。四球出すも2K。5連勝で止まり、勝率5割へ戻った。

援護弾も空砲。大山がバックスクリーン左に運ぶ先制の2ランも、むなし。先発マウンドに立った同世代の藤浪にささげる一発だった。

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*



△<阪神3-3広島>◇22日◇甲子園

痛恨、糸原骨折!

■執念引き分け。確かに敗色ムード濃厚だった。3時間46分のロングゲームを終えて甲子園のスタンドから温かい拍手が起こった。近本が、執念同点打。土壇場9回二死追いつき総力ドロー。規定により、延長10回の末、今季初めて引き分けた。

◆痛恨、糸原が試合中に右手有鉤骨を骨折。矢野監督、
「抹消になると思う」
有鉤骨は小指の付け根付近から手首の間にある骨で、打者にとって“職業病”だ。打撃の強い衝撃やその積み重ねが原因で、この日の打席で痛めたとみられる。全治などは不明。中軸への抜群のつなぎ役だったが…

“巧打者”サンズ、2戦連発。3戦連続安打&打点、マルチで打率3割乗った。先発・ガルシアは、結果としては7回1失点。連日の馬場ガッツ。馬場、延長10回ピンチで誠也を3球三振。

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

SNSでもご購読できます。

-->