スタン・ミュージアル(2)

MLB・お気に入り名選手; ☆スタン・ミュージアル☆(その2)



翌1940年春、フロリダのデイトナ・ピーチに参加。そこで、スタンにとっては、生涯の大恩人にあたる元ホワイトソックスの名投手ディック・カー監督に出会う。

ここでも、投手としてスター投手となるも、打撃にも非凡な才能をみせた。しかし、順調よくすべりだした大リーグへの道をも一瞬閉ざされる出来事が、スタンの身に起こったのだ。

いつものように、投手として投げないときはレフトを守っていた時に、事件は起こった。打球に突進して、左肩を痛打したのだ。これは、投手・スタンの生命を断ち切る悲劇だった。

2日後、相手は強豪チーム。スタンは登板するも、激痛が走るもなんとか投げきって、勝利投手になった。が、数日後の登板は痛打を浴び、早々と降板。激痛の限界を超えていたのだ。

スタンは、クビになったら…と、絶望の淵に落ち込んだ。というのも、早くして結婚していた妻・リリアンは妊娠していたのだ。郷里・ドノーラの雑貨商の娘だった。
「もう帰るしかない」
スタンは思い詰めて、監督に相談をした。すると、意外な言葉が返ってきた。
「おれのいうとおりにしてみろよ」
といって、投手を廃業させて、外野手一本にしぼって練習させた。物心ともども面倒を見ていたディック・カー監督のアドバイスのもと、打撃に専念。スタンに明るさが戻った。後年、スタンは恩返しとして、カーに豪勢な家をプレゼントする。

翌1941年、投手失格で失意のどん底にあった先年と違って、一転飛躍の年となった。打者として好成績を残したスタンは、ジョージア州コロンブスに参加。ここで、ひと悶着が起こる。誤った情報で、投手として登録されていたのだ。

しかし、当時のカージナルス首脳陣にあの「ミスター・リッキー」こと、ブランチ・リッキーがいた。セントルイスのおちこぼれ球団を天才的なアイデアと、行動力で数々の「ファーム球団」を囲い込み、次々に契約した選手を、その自前のファーム球団へと送り込み、王国の建設がはじまっていた。

スタンは、その大カージナルスのファームから見出された選手である。スタンは投手陣に混じって練習をしていたが、ひとたび打席に入るや、快打連発。
「こりゃ投手じゃない、打者だ」
そのリッキーが、かれを打者として、見初めたのだ。後、リッキーはドジャースの会長になり、ジャッキー・ロビンソンを、黒人初の大リーグ入団をお膳立てしたりもした。

持ち前の打撃を買われ、ミズーリ州スプリング・フィィールドに急遽移籍。外野手・スタンはシーズン当初から、爆発。そのシーズン半ば、3A・ロチェスターに移籍。それでも、スタンの打撃は止まることを知らない。その後半、ついに念願のメジャー・リーグへと上り詰めた。そう、カージナルスのユニフォームに袖を通したのだ。

華々しいデビューだった。9月18日昇格後、すぐ出番はやってきた。ボストン・ブレーブスとのダブル・ヘッダーの二試合目に登場。4打数2安打。2つの打点つき。見事な走塁までも見せた。まだまだ、カージナルスには、足のチームの伝統が残っていたのだ。結果、12ゲームに出場し、なんと0.426の高打率を記録。

この年、カージナルスは、リーグ優勝はならなかった。が、スタン・ミュージアルという天才打者を手に入れた。翌年、この新星は、チームに久方ぶりのリーグ優勝をもたらし、あのマグロー率いるニューヨーク・ジャイアンツの、前人未踏の大記録であるリーグ3連覇をなしとげる原動力となる。

1944年、カージナルスは4連覇中だったが、この年2位に落ち、カブスに優勝をさらわれた。というのも、主砲・ミュージアルが兵役につき不在だったことがひびいたのだ。

スタンは、卓抜なバッティングで知られ、じつに好機に強い打者だった。しかし、かれはこつこつとヒットを量産するかたわら、いつのまにかホームランをも量産しはじめた。

入団後5年間は、ホームランは19本を越えることがなかった。それが、1946年になると、一気に39本とかれ自身の最高記録をつくった。翌年も、36本と、大リーグの歴代ホームラン王の仲間入りをはたした。

1954年、対ニューヨーク・ジャイアンツ戦、ダブルヘッダーでのことだ。
第一試合、かれは、同点で迎えた8回、3本ランを放って、試合を決定づけた。この日、3本目となるホームランだった。勢いは止まらない。第二試合、試合には負けたが、ここでも2本のホームランをかっ飛ばした。

ダブルヘッダーでの、5本塁打は大リーグ新記録であり、2試合連続のホームラン数としては、大リーグタイ記録だった。そして、10回打席に立ち、本塁打5本、シングルヒット1本、8打点をあげ、21塁打を記録した。

もう一つ、1シーズン4度目の5打数5安打という記録もある。あのタイ・カップの不滅の記録に並んだのだ。スタンはボストンにいて、寒くて風の強い日だったと、かれは思い起こす。

3日前、2度、3度と守りでファインプレーをしたりして活躍もしたが、その最後のプレーとき、芝生につんのめって、利き腕の方の手首をくじいた。その翌日、その右手にデッドボールをくらった。もうほとんどバットを握れないくらいズキズキと痛んだ。

トレーナーが用意したテープを、スイングの邪魔になるからといって引きちぎり、相手投手に向かっていった。スタンは記録を意識していた。
「今やらねば…」
永遠にチャンスは逃げるとおもっていた。が、相手投手は、難敵ウォーレン・スパーンだ。右へ引っ張ることなんて無理だ、全打席左への流し打ちしようと決めた。第1打席、左へのシングルヒット。第2打席は、レフトへの2塁打。第3打席は、大きく振って、ライトへのホームラン。右手首は締めつけられるように、痛い。

第4打席、三遊間を破った。手首は、まるで日が燃えさかるように痛い。第5打席、相手はノーコン投手。四球になるかもしれないが、とにかく打ってやろうと決めた。思い切って、ミュージアルは打つと、鋭いゴロがライト方向へ飛び、内野を抜けた。

じつのところ、全打席初球狙いだったのだ。あまりのことで、信じられない内容だったのだ。手首が痛くて、たった一度のスイングでもムダにしたくはなかったのだ。1948年9月22日、対ボストン・ブレーブス戦でのことだった。この年、ボストンはこの日の負けで、優勝が3日間延びた。

スタンにも引退の時期が迫っていた。1963年9月29日の対レッズ戦が、そうだった。それは、盛夏、この年の恒例のオーナー主催のパーティのときだった。ディヴァイン総支配人に辞意を伝えたらしい。
「ビング、今年がそれだよ」
それは、オール・スターゲームでのこと。期待に背を受け代打で登場も、ライトへのライナーに終わってしまったのだ。そう、もうファンへの期待にそえられなかった、とおもった瞬間じゃなかったか。

そして、引退試合当日。ある記者が、
「今日は安打が出るまでプレーするつもりなかね? 」
「うん、そうだ」
「安打が出たら、通算何本目かの安打かしっているかい? 」
「いや、知らない」
「3628本目だ。2本出れば、3629本目だ」
スタンは余裕綽々で、こう答えたものだ。
「それじゃ3本打って、3630本にして辞めるか。切りのいい数字だものね」
結局のところ、2安打だから、3629本止まりになってしまった。

スタン・ミュージアルは、大きな波乱もなく文字通り22年間を走り続けた。その息の長さこそ、選手の鏡であろう。

※ 加筆、訂正しました。再投稿です。

■参考;『誇り高き大リーガー』(八木一郎著 講談社刊)