7連打猛攻!

-->

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メ┃チ┃ャ┃優┃勝┃し┃た┃い┃ね┃ん┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

   〜 独断、スポーツ誌ななめ読み 〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★ 

7連打猛攻!

聖地の連敗から脱出。驚異の集中打で、連敗を「3」で止めた。二死走者なしから7者連続安打で5得点を挙げて逆転。3年間チームを率いた野村克也氏の追悼試合で、教え子の矢野監督が打線のてこ入れに着手。今季初めて4番で起用したサンズのタイムリーなどで、5者連続適時打を含む7連打で5得点。試合をひっくり返し、亡き名将に甲子園で白星をささげた。

調子が上がらない大山を4番から外し(6番)、サンズが今季初めて4番に入った一戦。1点を追う2回二死無走者、8番・梅野から5番・佐藤輝まで7連打。1番・近本から5者連続タイムリーで5点を奪った。佐藤輝のタイムリーは自身5試合ぶりの打点となった。5連続適時打の火付け役となった梅野は、
「音楽の力を感じた。歌の通り線としてつながった」
この日、偶数打席の登場曲を「繋いでいけ」に変更。今季3度目の猛打賞も、マーク。近本も、2戦連続の猛打賞で3割に到達。

青柳、101球熱投。7回5安打2失点の好投。今季自己最多の9三振を奪った。
 「そんなにイメージしてなかったですけど、数字にするとやっぱりすごいですね(笑い)」
継投で逃げ切り、青柳はチーム単独トップの7勝目。スアレスは、23セーブ目。

○<阪神5-3ヤクルト>◇29日◇甲子園



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

中野、史上初ドラ6以下新人選出。
「一番うれしい誕生日」
「マイナビオールスター2021」のファン投票の結果が28日、発表された。阪神から中継ぎ部門・岩崎、抑え部門・スアレス、捕手部門・梅野、一塁部門・マルテ、遊撃部門・中野、外野手部門1位の佐藤輝、2位の近本と12球団最多となる7選手が選ばれた。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

●<阪神3-8DeNA>◇27日◇甲子園

投手陣が4被弾し、今季初の痛い同一カード3連敗。7連勝を決めた2位巨人とのゲーム差は2・5まで縮まった。DeNAに3連敗すると優勝なし。

4番・大山が、ブレーキ。4度の得点機で、凡退。得点圏打率・203は、規定打席到達者の中でリーグ最下位。秋山、自己ワーストタイの3被弾と炎上。5回を今季ワーストタイの6失点で降板し、悔しい4敗目だ。
「ふがいないピッチングをしてしまった」

久々の快音。佐藤輝が、16打席ぶりのヒット。これで長いトンネルを抜け出す。近本、孤軍奮闘。今季7度目の猛打ショー

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

●<阪神1-3DeNA>◇26日◇甲子園

「我慢の時」。痛恨の逆転負けで連敗。1点リードの7回無死一塁で、2年目・左腕及川を投入したが、逆転2ランを被弾。7回の男が定まらず、8回岩崎、9回スアレスにバトンがつなげない。打線も2試合1得点で、6月絶好調だった佐藤輝もスタメン初の3試合無安打と元気がない。自己ワーストタイ12打席連続無安打。2位巨人が勝ち、最大8あったゲーム差は3・5差まで縮まった。

両リーグ最速50個目の失策も、痛恨の失点につながった。1点ビハインドの8回表、高く跳ねた遊ゴロを中野がファンブル。この失策から3点目を追加された。今季の1試合平均0・735失策は現状、過去3年よりも多いペースとなっている。

伊藤将、5回0/3を0封。2回から5イニング連続先頭Hも、3併殺。粘りの投球も、報われなかった。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

●<阪神0-3DeNA>◇25日◇甲子園

今季4度目の完封負け。西勇の通算100勝は、お預けになった。8回3失点(自責1)と先発の役割を十分果たしたが、打線の援護に恵まれなかった。〝よーいドン〟から飛び出したミスで、ため息に包まれた。一回先頭の打球を二塁手の糸原が後逸。その後二死三塁から、ガツンといかれた。今季49失策は、12球団ワースト。

完敗の象徴は、佐藤輝か。悔しさをあらわにした。3点を追う9回の第4打席。一死三塁で内角スライダーに空を切った。今季最多1万5011人のファンの期待に応えられなかった。バットをたたきつけるように振り下ろすと、足でポーンと蹴り上げた。DeNA三浦監督に松井秀喜級の警戒シフトを敷くと予告され、先発浜口らの前に作戦にハマった形の4打数2三振。

藤浪、ピンチはつくったが4戦ぶり0封。二死満塁危機、切り抜けた。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

SNSでもご購読できます。

-->