外れ、外れ1位指名で、仙台大・馬場投手(仙台育英)の交渉権を獲得した。180センチ、90キロ。右投げ右打ち。早実・清宮内野手、履正社・安田内野手をも外した。プロ野球ドラフト会議が、グランドプリンスホテル・新高輪で、26日開催された。

指名内訳は、1位の仙台大・馬場を筆頭に投手4人、外野手1人、内野手1人となった。「サンケイスポーツ」によると、金本監督は、
「1回目、2回目は(先に引かれて)当たりクジがなかったんでね…。3回目は僕が先に引いたので、それを外したら嫌だなと思っていました。ホッとしたのが、一番ですね」
と、笑顔。馬場の印象を問われると、
「馬力がある。球速も150キロを超えて、タフなピッチャー」
と絶賛した。
「まさか1位で来るとは思っていなくて、びっくりというのと安心したのと2つの気持ちです」
と、即戦力右腕の馬場。
「阪神は強いし、ファンも多い。しっかり1年目から活躍したい」
右上手から投げ込む最速155キロの直球と、7種類の変化球を武器とする。「みちのくのドクターK」の異名を取る右腕だ。

1位から、4位まで大学生の指名となった。ドラフト2位で、即戦力左腕の亜大・高橋遙人投手を指名した。
「素直にうれしいです。阪神は若い人が活躍していて、ファンの方が熱いというイメージ。一日でも早く戦力になれるように頑張りたい」
179センチの長身から最速151キロ直球と、スライダー、チェンジアップと変化球も多彩だ。

同3位では、立大・熊谷敬宥内野手を指名した。
「伝統のある球団に指名されてうれしい。甲子園は普通の球場とは違うところ。早く1軍に上がって、あの素晴らしい土のグラウンドで早くプレーしたい」
堅実な遊撃守備に、定評がある。立大では、主将も務めキャプテンシーもある。馬場とは、仙台育英高時代の同級生。

ドラフト4位で大学日本代表のスピードスター、上武大・島田海吏外野手を指名。広い守備範囲。シャープな打撃。侍ジャパン学生代表にも名を連ねる実力は、十分に即戦力候補。足だけなら、いきなりチームのトップクラスだろう。走攻守三拍子そろった選手だ。

ドラフト5位で九州三菱自動車の右腕、谷川雅希投手、6位で啓新高の牧丈一郎投手を指名した。谷川は、MAX149キロの本格派。東農大から社会人入りした。6位の牧は、152キロを誇る福井の剛腕。高校生指名は、牧1人となった。

また、育成ドラフト1位で上武大の左腕、石井将希投手を指名。桐生第一でプレーした石井は、180センチの長身から繰り出される140キロ台のストレートとキレのよいスライダーが武器。リリーフとしての活躍が期待される。

ドラフトの結果について、四藤球団社長は、
「まずまず。高校生の野手は獲りたかったが、先に獲られた」
抽選では思うようにはいかなかったものの、チーム状況に即したバランスのいい計6人で、納得のいく指名となった。