上本コール! 

巨人に、引導を渡した。やられたら、やり返す。上本が1点リードの5回、前日の試合で頭部死球を浴びた畠から豪快に9号ソロ本塁打を放った。練習前に畠と、投手コーチが上本の元へ。頭を下げ、謝罪をされた。笑顔で、
「大丈夫」
と答えた数時間後の一撃だった。この回、2番手・畠を起用。前日9月30日の同戦に先発した右腕は初回、上本に頭部死球を与えて4球で危険球退場していた。上本は試合中に都内の病院で検査を受け、「軽い打撲」と診断されていたが、この日「2番・二塁」で出場していた。

3回、糸井、大山の適時打で3点の先制点を奪った。二死から上位打線で好機をつくった。好調の俊介が、遊撃内野安打で出塁。続く上本は右前打で一、三塁とし、右前打を放った。と、この5回、一死で打席に立った上本は初球、真ん中の直球をフルスイングした。打球は、左翼席上段まで到達。1点差に詰め寄られた直後の打席で、貴重な追加点。

糸井も、16号ソロを放った。5回一死から初球ストレートを振り抜いて、右翼スタンドに突き刺した。「サンケイスポーツ」によると、
「ウエポンの熱い気持ちに、力もらいました」
と、コメントした。先制点も、糸井のバットからだった。0-0の3回二死一、三塁で、内角球に詰まりながらも左前ポテンヒット。
「ボール球でしたが、思い切って打ちにいった結果いいところに飛んでくれた」

岩田が粘りの投球で、今季3勝目を挙げた。球を低めに集める投球で、3回まで無失点。
「そこしか、僕の生きる道はない。上に浮くと打たれている。しっかり、試合をつくることはできたかな」
4回には2点を失うが、5イニングを2失点にまとめた。
「中継ぎ投手の負担を考えると、もっと長いイニングを投げないといけませんでした」
6回から、石崎。CSをみすえて、今季初の3点差以内のリードした場面で、回の頭から任された。桑原以下、継投策で逃げ切り。ドリスは、36セーブ。

 <巨人4-5阪神>◇1日◇東京ドーム